シーズン中に受けた傷やダメージは、シリーズの終わりに直すのが鉄則。チューンナップショップに依頼する場合でも、比較的空いているシーズン終わりに依頼した方が断然スムース。まずは下記の順番で、どこがどのように痛んでいるのかの点検からスタート。

まずはダメージ箇所をチェック

(1)滑走面

傷の有無をチェック。コアと呼ばれる芯材が見えているような深い傷は、水が入って内部を腐食させる危険があるので、迷わずショップに持ち込もう。また、滑走面が粉を吹いたように酸化していたり、手で触ってケバだっているようだったら、サンディングの処理が必要。自分でできないくらいひどい場合は、ショップにお願いするしかない。

(2)エッジまわり

サビをチェック。サビは放っておくとエッジ内部まで浸透し、果てはボロボロにしてしまう。保管する前に、きれいに落としておこう。
また、曲がったり、凹みや傷がないかをチェック。サビはともかく、エッジの損傷やハクリが見られる場合は、基本的にショップに依頼しよう。

(3)トップシート

ハクリや凹みをチェック。少々のトップシートの剥がれや凹みは、後述するようにエポシキ接着剤などを使って自分でも直せるが、損傷が大きく広範囲に及んでいるような場合にはショップにお願いしよう。

(4)インサートホール

バインディングを外して、インサートホールをチェック。サビならまだしも、中のインビスまでカラ回りしてビスが抜けない場合などは、ショップに直行!

(5)フレックス・トーション

たわませてみたり、ねじってみて、異常がないかをチェック。中で芯材が割れているような感覚があったり、あきらかにキャンバーがへたって反発も弱いようなら、残念ながら買い換えの時期である。

参考/「クリプトン」の各種チューンナップメニューと価格

●クリーニング

傷や酸化等で劣化した滑走面のサンディング、ベースエッジの錆び取り、エッジの錆び止め&ワックスがけ/¥5,000

●滑走面リペア

1ヶ所につき¥2,000

●エッジはくり処理

1ヶ所につき¥10,000

●エッジはくり処理

1ヶ所につき¥10,000

●エッジ研磨

エッジの研磨と錆び止めのシュリンク梱包¥6,000

DO IT YOURSELF! ボードを保管する手順

来シーズン、そのボードに調子よく乗れるかどうかは、シーズン終わりのメンテナンスと保管方法にかかっている。サビだらけになったボードに手を焼くことのないよう、以下の手順で確実に保管し、来期に備えよう。

(1)バインディングを外す

知らない人も多いと思うが、ビスを締めてバインディングを付けたままにしておくと、フレックスやインサートに悪影響を及ぼす。長時間使わない場合は、必ずバインディングを取り外そう。取り外したら、板だけの状態でフレックスやトーションをチェックすることを忘れずに!

(2)トップシート周りのクリーニング

汚れたまま長時間放置しておくと、汚れがとれなくなることもあるので、中性洗剤で水洗いするか、頑固な油汚れなどはベースクリーナー等で拭き取ろう。

(3)インサートホールの掃除

ビスを外した後、水が溜まっているようなら取り除き、CRC556などの防錆潤滑剤を塗布後、綿棒や布などでサビや汚れを拭き取る。

(4)エッジのさびやバリを取り除く

さびやバリが浮いているようなら、320番くらいの紙ヤスリを使って取り除く。きれいにしたら、防錆ペンなどで必ずさび止めしよう。

(5)滑走面をワックスで保護

汚れが完璧に落ちるまで、ベースクリーナー等でしっかりクリーニング。拭き終わったら、柔らかめのパラフィン系ワックスを、少し厚めにホットワックスしよう。酸化を防ぐため、くれぐれも塗りもれがないように注意!塗ったワックスはスクリーピングせず、そのまま保管!

(6)トップシートの保護

そのまま放置するとトップシートも日焼けしたりするので、自動車用の水アカ取りワックスなどがある場合には、トップシートに塗ってやるといい。

(7)空気を遮断する

滑走面やエッジは、空気と触れると酸化したりさびが出たりする。ショップなどでシュリンク梱包といわれる密閉ケースに入れてもらうのがベストだが、そうでなければサランラップなどでぐるぐる巻きにして保管するのも良いだろう。

(8)直射日光の当たらない場所で保管

密閉したボードは、直射日光の当たらない、湿気の低い場所に保管するのがベスト。高温・多湿な場所は、ボードが変形したりするので避けよう。ちなみに密閉処理をせず、ボードケースやベースカバーに直接入れておくと、かえってさびが発生したりするので注意。

>>第10回(最終回)「シーズン終わりのボードのメンテナンス&保管法 (その2)」へ続く