takeru

オーストリアのカプルーンにて4日から9日まで開催された「WORLD ROOKIE FINALS 2017」の男女スロープスタイルでは、昨年のグロムの部を制した大塚健が、16歳となり男子ルーキーの部に出場。フロントサイドダブルコーク1080やバックサイドダブルコーク1080などで92.00ptをマークし、見事勝利した。
kokomo

さらに女子では、今年もグロムの部に出場した13才の村瀬心椛が、FS720やBS720などで93.00ptを叩き出し、昨年同様、ルーキーの部のスコアよりも大きく上回り、総合1位で2連覇を達成した。そして浅沼妃莉がグロムで村瀬に続いて2位に入り、日本勢のワンツーフィニッシュとなった。

他にも男子の飛田流輝が悔しくもルーキーの部4位、國武大晃がグロムの部5位、女子の高橋あおいがルーキーの部7位に入っている。



result

▼ファイナルのハイライトムービーはこちら(飛田流輝 00:43〜、村瀬心椛 2:05〜、大塚健 3:08〜)




【関連記事】