haruna
Rider: 松本遥奈 | (c)FIS

スノーボード&フリースタイルスキー世界選手権は11日、スペイン・シエラネバダでハーフパイプの決勝を行い、日本勢の女子では松本遥奈が84.75ptで2位に入り、見事銀メダルを獲得した。同種目の日本勢の表彰台は2007年大会の山岡聡子以来となる。予選を6位通過した大江光は4位だった。男子ではソチ五輪銅メダリストの平岡卓が、90.00ptをマークし4位に入った。
女子で銀メダルの松本は「納得いく滑りじゃなかったけど、乗り越えられて良かったです。前回大会ではすごく悔しい思いをしたので、凄く嬉しいです。」と喜びを爆発させた。

大江は「攻めるしかないと思ったけど、ダメでした。今やれることはやりました。決勝に残れて楽しんで滑れたので良かったです。」と振り返った。

taku
Rider: 平岡卓 | (c)FIS

男子の平岡は「1本目ミスして流れが掴めなかったのが残念でした。この時点で自分が出せる滑りは出せました。次の糧になる大会でした。」と次を見据えた。

女子の優勝は中国のシュエトン・チャイ、男子はオーストラリアのスコッティ・ジェームスだった。

【女子結果】
1位:シュエトン・チャイ(中国)90.75
2位:松本遥奈(日本)84.75
3位:クレメンス・グリマル(フランス)79.00
12位:今井 胡桃(日本)73.25
>>女子フルリザルト



【男子結果】
1位:スコッティ・ジェームズ(オーストラリア)97.50
2位:ユーリ・ポドラドチコフ(スイス)93.25
3位:パトリック・バーグナー(スイス)90.50
4位:平岡卓(日本)90.00
>>男子フルリザルト

men_hp_podium
2nd Iouri Podladtchikov (SUI), 1st Scotty James (AUS), 3rd Patrick Burgener (SUI) | (c)FIS

▼公式練習での平岡卓のラン

pipe is so bumpy〰 明日は予選💥#worldchamps

taku hiraokaさん(@taku_hiraoka)がシェアした投稿 -





【関連記事】