20170307-00073017-kitanihon-000-3-view
(左)スロープスタイル、新設のビッグエアと2種目でメダル獲得を目指す鬼塚雅、(右)自身4度目の五輪出場を狙う藤森由香 | (c)Tokuhara kai

美女ボーダー2人に聞いた「平昌五輪、メダル獲得までの距離は? 」

◆スノーボードUSオープンで見た日本人ライダーたちの五輪ロード(女子編)

2月27日〜3月4日、スノーボード最高峰の大会である「BURTON USオープン」がアメリカ・コロラド州ベイルで開催された。USオープンは、いわゆるFIS主催のW杯や世界選手権などとは一線を画したプロトーナメントであるが、大会レベルそのものはX GAMESと並んで間違いなく世界トップクラスのカテゴリーに属する。
今大会は特に1年後に迫った平昌冬季五輪を見据えた時期ということもあり、男女ともに各国の有力選手たちがずらりと出揃い、例年以上にハイレベルなコンテストが繰り広げられた。そんな「五輪前哨戦」とも言える今回のUSオープンの開催期間中、現地ベイルにて、平昌五輪での活躍が期待される日本人選手たちに話を聞くことができた。

女子は「スロープスタイル」に注目。前回のソチ五輪から正式種目として採用された同種目は、ジプと呼ばれるレールやボックス、複数のジャンプ台からなるコースを滑りながら、技の難易度やエアの高さを競う採点競技である。そのスロープスタイル女子において、平昌五輪出場に最も近い日本人選手が今回のUSオープンで5位に入賞した鬼塚雅(おにつか みやび)だ。スロープスタイルの選手たちは平昌から採用される新種目「ビッグエア」への出場も見込まれるため、2種目でのメダル獲得も期待されている。

2015年に史上最年少で世界選手権優勝を果たし、一躍注目を浴びた熊本出身の18歳はその後も着実に成長している。今大会も予選を4位で突破すると、決勝では66.6と思ったほど得点は伸びなかったものの、難度の高いルーティンを1本目からミスなく決め、持ち前のエアの高さも発揮。全体的にまずまずのパフォーマンスを披露しての5位フィニッシュとなった。しかしながら彼女自身、五輪で勝つためにはここからさらなるステップアップが必要と実感している。

「小さい頃にUSオープンやX GAMESに出たいと思ってプロを目指しましたが、五輪もやはり大切な存在。前回ソチに出られると思っていたのに出られなくて、だからその分、平昌にかける思いは自分の中でも強いです。ただ、周りの女子ライダーたちのレベルがぐんぐん上がってきていますし、平昌で勝つためには今年の4月、5月で2段階くらいレベルアップしなくてはいけないと思っています。正直、今の自分は『頑張って3位』の選手。1位を取れる技を持っていないので、この春に開花させないと。詳しい内容は秘密ですけど(笑)。勝てるルーティンを身につけられるように練習のプランを立てています。4月は国内で、5月はもしかしたらスイスのナショナルチームの合宿に参加させてもらうかもしれません」

USオープンを制したアンナ・ガッサー(オーストリア)、2位のジェイミー・アンダーソン(アメリカ)は、現在のスローブスタイルにおける絶対的な2強で、間違いなく五輪でも鬼塚の前に立ちはだかる存在。そして、今大会は予選敗退となったが、1月のX GAMESで大技「CABダブルコーク1080」を女子で初めて決めてビッグエア種目を制した16歳のヘイリー・ラングランド(アメリカ)もまた、ライバルになってくるだろう。

>>続きはこちら