銅メダルを獲得した今井胡桃(写真左)、冨田せな(中央)、松本遥奈(右)
銅メダルを獲得した今井胡桃(写真左)、冨田せな(中央)、松本遥奈(右)

札幌で行われている冬季アジア大会は25日、さっぽろばんけいスキー場で男女スノーボードのハーフパイプが行われ、男子では子出藤歩夢が86.75ptで、女子では今井胡桃が73.00ptで、それぞれ銅メダルを獲得した。
子出藤は決勝1本目で転倒してしまうも、後がなくなった2本目、大技の3回転を成功させると86.75ptをマークし、見事表彰台に上がった。「平昌に向けて、技の完成度も成績も上げていきたい」と子出藤のコメント。

今季から本格的に海外での大会に参戦している高校生の今井は、決勝では1本目から73.00ptを叩き出した。「自国開催ですごく色んな人に注目してもらえる大会。メダルを取って、スノーボードハーフパイプに注目してもらいたかったので、メダルはすごくうれしい」「もっと安定感を出していきたい。日本ではまだスノーボードがあまり知られてないので、どんどん目立っていきたい」と今井のコメント。

松本遥奈は4位、冨田せなは10位だった。大江光はインフルエンザのため欠場した。

男子の優勝は中国のジャン・イーウェイ、女子の優勝も同じく中国のリウ・ジアユだった。

男子リザルト:
1. ZHANG Yiwei
2. KWEON Lee-jun
3. NEDEFUJI Ayumu

▼男子フルリザルト
男子リザルト


女子リザルト:
1. LIU Jiayu
2. CAI Xuetong
3. IMAI Kurumi
4. MATSUMOTO Haruna
10. TOMITA Sena


▼女子フルリザルト
0001

▼2017 冬季アジア札幌大会
https://sapporo2017.org/