ハイパーボール東鉢スキー場
1月2日のハイパーボール東鉢スキー場

雪不足、スキー場早くも一時閉鎖 兵庫・但馬の4カ所

兵庫県北部の但馬地域の12スキー場で、昨年末までに営業を始めた豊岡、養父市、香美町の8スキー場のうち、4スキー場が4日までに一時閉鎖を決めた。ここ数日の陽気と雨で雪が解けたためで、別の4スキー場は今季まだ1度も営業できていない。昨季も深刻な雪不足で苦戦しただけに、関係者からは「今季は勘弁して」と悲鳴が上がる。
一時閉鎖を決めたのは、氷ノ山国際(養父市)▽ハイパーボウル東鉢(同)▽おじろ(香美町)▽スカイバレイ(同)。

スカイバレイの今岡秀毅社長(60)は「雪の少ないエリアに人海戦術で雪を運んだが、もう限界。天気が相手ではどうしようもない」と漏らす。各スキー場は「降雪があり次第再開する」としている。

5日以降も営業するハチ高原(養父市)と若(わか)杉(す)高原おおや(同)、奥神鍋(豊岡市)、ハチ北高原(香美町)は、滑走を一部のゲレンデに制限するなどして対応する。

神戸新聞NEXT
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170104-00000009-kobenext-l28