國母和宏が快挙達成、世界のトップに。今年最も活躍したプロスノーボーダーに贈られる世界的アワードで、最優秀賞を獲得。
アメリカの大手メディア・TRANSWORLD SNOWBOARDING主催による、プロスノーボーダーたちの労と成果を讃える授賞式「RIDRES POLL 18」のMEN’S VIDEO PART OF THE YEAR(年間ベストビデオパート)部門にノミネートされていた國母和宏が、ボード・メリルやスコット・スティーブンスらを抑え受賞しました。この授賞式の全部門を通じて、日本人スノーボーダーとして初となる快挙です。

アメリカの大手メディア・TRANSWORLD SNOWBOARDING主催による、プロスノーボーダーたちの労と成果を讃える授賞式「RIDRES POLL 18」のMEN’S VIDEO PART OF THE YEAR(年間ベストビデオパート)部門にノミネートされていた國母和宏が、ボード・メリルやスコット・スティーブンスらを抑え受賞しました。この授賞式の全部門を通じて、日本人スノーボーダーとして初となる快挙です。アメリカ時間の12月9日夜、コロラド州ブリッケンリッジ・リバーウォークセンターにて授賞式が行われました。授賞式のステージに上がった國母は、「Thank you. Finally, I’m ichiban.(ありがとう。ついにオレは一番だ)」と日本語の“一番”という言葉を用いて喜びの挨拶をしていました。その模様をご覧ください。

プロスノーボーダー國母和宏プロフィール

kazu

1988年、北海道石狩市生まれ。4歳のとき、自発的にスノーボードがやりたいと父に意思表示をしてスノーボーダーとしてのキャリアをスタートさせると、小学5年で全日本スノーボード選手権ユース部門で優勝するなどして、日本スノーボード協会のプロ資格を獲得。中学2年時には権威ある全米オープン・ハーフパイプ大会で2位となり競技の世界で頭角を現すと、中学3年からはそれと並行するように、世界トップクラスの映像プロダクションとの撮影活動に取り組む。「競技者」と「表現者」という二足の草鞋を履きながら、2006年トリノ五輪出場、2010年バンクーバー五輪では“腰パン騒動”で世間を騒がせながら8位入賞。入賞とはいえ本来の実力を発揮できなかったわけだが、同2010年の全米オープンで初優勝を飾ると、翌2011年に2連覇を達成。その一方で、撮影活動でも存在感を示すようになると、海外の専門誌でも数々の表紙を飾るなど、世界トップライダーの仲間入りを果たす。主な出演作品は『STANDING SIDEWAYS』(2011年)、『DEFENDERS OF AWESOME 2 -STAY BAD ASS-』(2014年)、『STONP OR DIE』(2015年)、『STRONGER.』(2016年)など。2016年12月、米大手メディアが主催する世界最大のスノーボーダー授賞式「RIDERS’ POLL 18」において、『STRONGER.』に収録された映像が年間ベストビデオパート賞を受賞。プロスノーボーダーとしては競技での成績以上に表現力が重んじられることから、この賞の獲得は、事実上の世界一たる証である。



【カタログ】
CAPiTA Snowboarding /2016-2017スノーボードカタログ