marcus
@marcuskleveland

世界最高峰のビッグエアコンテスト「Air + Style Beijing 2016」(北京大会)は19日、中国・北京の国家スタジアムにて決勝を行い、ノルウェーの天才トリックマスター、マーカス・クリーブランドが見事初勝利を手にした。これがエリートクラスの世界大会での自身初優勝となった。
マーカスは大会後に自身のSNSで「今夜、北京でのAir+Styleで1位になったなんて信じられない!」と喜びをファンに報告した。

2位にはセブ・トゥーツことセバスチャン・トータントが、3位にはダーシー・シャープがそれぞれ入った。復帰で期待されたマーク・マクモリスは悔しくも5位で終わった。

A+S Beijing 2016 ファイナルリザルト:
1. Marcus Kleveland
2. Sebastien Toutant
3. Darcy Sharpe
4. Roope Tonteri
5. Mark Mcmorris
6. Mons Roisland
7. Antoine Truchon
8. Mikey Ciccarelli



▼マーカス・クリーブランドのCab Triple Cork 1620 Melon


▼マーク・マクモリスのBackside Triple Cork 1440 Mute


▼ダーシー・シャープのBackside Triple Cork 1440 Mute


▼セブ・トゥーツのFrontside Triple Cork 1440


▼オースティン・スミスは、トップ5のベストトリックに全く同じ“BSトリプルコーク1440ミュート”が入っていることに「いったい誰がベストだったんだ?」と皮肉の投稿をした。

Who wore it best?

🤔さん(@austinbsmith)が投稿した写真 -



▼上記の投稿に対してストーレ・サンドベックも悩ましい顔の絵文字をツイートした。


▼当日ライブストリーム配信されたフルムービー


▼大会前日に行われた公式練習の模様




【関連記事】