markus
Rider: marcuskleveland | @norwegian_snowboarding

イタリアのミランで12日、FISワールドカップの2016-2017シーズンのキックオフイベントとしてビッグエア大会が行われ、男子ではマーカス・クリーブランドが、女子ではアンナ・ガッサーが勝利した。
17歳のマーカスは、 cabトリプル1440や、BSトリプル1620などで、この日のベストポイント(94.50, 93.00, 95.00)を叩き出し、自身初のワールドカップ参戦で初のタイトルを獲得した。

「かつてない大きな勝利だったよ。本当に最高の日だった。大勢の観客の前で勝つことができたし。全てのトリックにこれまでハードなトレーニングを積んできたけど、それが本番で発揮できたのがまた素晴らしいね。」とマーカスがコメントした。

2位には2011年のワールドチャンピオンで、この日、自身初となるトリプルコーク1440や超スタイリッシュなcab1260などで攻めたセッペ・スミッツが、3位にはBSトリプル1440やスイッチBS1260などで、昨シーズンの大怪我から見事復帰したマーク・マクモリスが入った。

「ケガから戻ってきたよ。こんなハイレベルな場所に戻ってこれて本当にラッキーだ。リハビリとかいろいろやってきたから。でも同じ特設ビッグエア大会でもこれとは別の話だね。今夜はかなり神経がすり減ったよ。あの日の最後の夜は最悪だったから。そして数か月たってようやく戻ってきた。本当に感謝しているよ。」とマクモリスがコメントした。

女子ではアンナ・ガッサーが、自身大会初となる彼女のシグネチャートリック、スイッチダブルアンダーフリップ900や、BSコーク720などで勝利を手にした。

「昨シーズンのケガから長かったけどついに戻ってきたわ。それに初めての足場が組まれた特設ジャンプ台での大会だったの。」とアンナがコメントした。

2位には米国の16歳ヘイリー・ラングランド、3位には元五輪チェコ代表のサルカ・パンコホバが入った。

尚、日本人選手は男女共に出場していない。

男子リザルト:
1 KLEVELAND Marcus 188.00
2 SMITS Seppe 178.50
3 MCMORRIS Mark 173.00
4 MATTSSON Niklas 165.25
5 CORNING Chris 164.00
6 STASSEL Ryan 137.25
7 MORGAN Billy 117.75
8 DE BUCK Sebbe 96.00
9 MAMAEV Anton 88.00
10 BOESIGER Jonas 41.25
>>男子フルリザルトはこちら

88686_G08_W01
2nd Seppe Smits (BEL), 1st Marcus Kleveland (NOR), 3rd Mark McMorris (CAN) | (c) fis-ski.com

▼男子ハイライトムービー
※外部サイト(proxfree.com/YouTube)に飛びます。
men_highlight

女子リザルト:
1 GASSER Anna 174.25
2 LANGLAND Hailey 160.25
3 PANCOCHOVA Sarka 153.75
4 FULLER Aimee 132.25
5 SOMAINI Carla 84.00
6 JENSON Jessika 65.00
>>女子フルリザルトはこちら

88685_G08_W01
2nd Hailey Langland (USA), 1st Anna Gasser (AUT), 3rd Sarka Pancochova (CZE) | (c) fis-ski.com

▼女子ハイライトムービー
※外部サイト(proxfree.com/YouTube)に飛びます。
men_highlight



【関連記事】