SAJ_logo全日本スキー連盟(SAJ)は26日、スノーボード男子ハーフパイプで強化指定されていた未成年選手2人が、飲酒をしていたと発表した。11月にも理事会を開き、処分を決定する。時事通信など各誌が伝えた。
報道によると、全日本スキー連盟が処分を検討しているのは、スノーボード男子ハーフパイプの選手4人で、このうち2人は未成年とのこと。2人は全日本選手権があった2月20日夜、成人の2選手とともに札幌市内のクラブで酒を飲んだという。そのとき、成人の2選手は未成年と知りながら止めなかったとのこと。4人は6月から活動を自粛し、今季のHPの全日本チームメンバーには編成されていない。

4人全員が日本スポーツ振興センター(JSC)からアスリート助成金を受けた実績のある強化指定選手で、スキー連盟は今後、助成金の返還など処分を検討する方針。今年5月に関係者からの情報提供を受けて発覚し、公表に至ったようだ。連盟の北野貴裕会長は会見で「対応が足りず、反省している」と謝罪をした。

全日本スキー連盟は今年4月にも、男子のスノーボードスロープスタイルで強化指定されていた未成年選手2人が、大麻を使用したとして処分を下している。



【関連記事】