大橋陸飛のライディングムービーが、オーストラリアのボードシーンを先導するトップメディア「BOARDWORLD」でフィーチャーされた。
大橋は「COW DAY 2016」のストレートジャンプの部で、角野友基に続く2位に入ったのが記憶に新しい中学3年の14歳。夏休みを利用してペリシャーパークでスキルを磨いていたところ、同じくオーストラリアのムービープロダクション「Phootstep Films」のクルーの目にとまり、数日間フィルミングを共にし、完成した映像がこれだ。

Phootstep Filmsは「日本のオオハシリクトという名前を覚えときな。彼の名は必ずまた目にするから」と絶賛のコメントも残している。

先日ニュージーランドで行われた「CARDRONA GAMES 2016」のスロープスタイルで、カナダのスターライダー、セブ・トゥーツに続き銀メダルを獲得した國武大晃も14歳。Burtonの新ルーキーチーム「Burton Kilroy」入りした大塚健は15歳と、日本のヤングシュレッダー達の今後の活躍に期待が高まる。



【関連記事】