kunitake
写真:銀メダルを掲げて喜ぶ國武大晃 | @ridesnowboards.japan

FIS(国際スキー連盟)とWST(ワールドスノーボードツアー)両公認の国内大会「CARDRONA GAMES 2016」は14日、ニュージーランドのカードローナでスロープスタイルの男女ファイナルを行った。
男子では、今回カードローナで初めて海外ゲレンデで滑ったという14歳の國武大晃が、2本目にFSダブルコーク1080、BSダブルコーク1080などを決め、82.3ptをマークすると見事準優勝を飾った。自身初の海外戦で、初の表彰台となった。

優勝したのは91.3ptをマークした、カナダ代表チームのスターライダー、セブ・トゥーツことセバスチャン・トータント。セブは「ニュージーランドに戻ってきてスノーボードが出来て最高だよ。(2018年平昌冬季五輪出場へ向けた)FISのポイントも獲得できたしね。やりたかった自分のランが出来て、そして楽しめて優勝とかボーナスだよ。」と喜んだ。

3位は地元ニュージーランドの16歳、ティアーン・コリンズ。前日の予選を1位で通過したマーカス・クリーブランドは、5位に終わった。もう一人日本から参戦した山本コンラッドは、悔しくも9位だった。

女子で優勝したのは、75.3ptをマークした、地元ニュージーランドのゾーイ・サドウスキー。尚、日本勢の女子は出場していない。

スノーボード男子スロープスタイルリザルト:
1. Sebastien TOUTANT 91.3pt
2. Hiroaki KUNITAKE 82.3pt
3. Tiarn COLLINS 80.0pt
4. Matthew COX 71.7pt
5. Marcus KLEVELAND 71.3pt
9. Conrad YAMAMOTO 48.0pt

▼男子フルリザルト
Snowboard-Slopestyle-Ladies-Finals-ResultSnowboard-Quals-Men-Results


▼準優勝した國武大晃のラン


スノーボード女子スロープスタイルリザルト:
1. Zoi SADOWSKI SYNNOT 75.3pt
2. Natalie GOOD 63.0pt
3. Corrah PHILLIPS 50.0pt

▼女子フルリザルト
Snowboard-Slopestyle-Mens-Finals



【関連記事】