portrait-of-swedish-freeskier-matilda-rapaport
Matilda Rapaport | (c) RedBull

スウェーデン人のフリーライドスキー女子チャンピオン、マチルダ・ラパポート(Matilda Rapaport)選手(30)がチリで雪崩に巻き込まれ、死亡したことが分かった。スウェーデンスキー連盟が18日、明らかにした。
ラパポート選手は今月14日、チリにあるアンデス(Andes)山脈のリゾート、ファレジョネス(Farellones)で映画を撮影中に雪崩に巻き込まれていた。

スウェーデンスキー連盟の声明によると、長時間、雪の下で生き埋めになっていたラパポート選手は昏睡状態に陥っていたが、酸欠による合併症で亡くなった。

今年4月にはスイスのアルプス(Alps)山脈でエクストリームスノーボードの世界女王、エステル・バレ(Estelle Balet)選手が、やはり雪崩に巻き込まれて死亡している。

ラパポート選手の夫はスウェーデン人のアルペンスキー選手、マティアス・ハルギン(Mattias Hargin)氏。

AFP=時事
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160719-00000021-jij_afp-spo

▼2人は3か月前に結婚したばかりだった

We did it! ❤️ #mminvitational 📷: @jensbyggmark

mattiasharginさん(@mattiashargin)が投稿した写真 -



商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

【関連記事】