マックアース30

株式会社マックアースは、全国31箇所のスキー場で使用可能な最強シーズン券「マックアース30」を、7月1日より超早割り先行販売を開始する。
マックアース30は、北は北海道から南は広島県までの31のスキー場で利用が可能。今季より新たに福井県の今庄365スキー場が仲間入りし、マックアースが撤退を申し出ていた徳島県の井川スキー場 腕山は外れている。総滑走可能コース340コース以上、総滑走可能距離290km以上、総滑走可能期間190日以上、総乗車可能リフト160基以上、パークアイテム430以上、ハーフパイプ7本、ツリーランコース18コースと、マックアースならではのスケールでおくるシーズン券となっている。

さらに全スキー場で全日駐車料金無料、マックアースのグループホテル宿泊料金10%割引、グリーンシーズン特典(ゆり園リフト無料など)という特典も付く。

今年の販売枚数は、昨シーズンより1,000枚減り、限定4,000枚。申し込みはマックアースグループの各スキー場ホームページ「お申込みバナー」まで。

また、「中部セブン」や「信越12」(名称変更予定)など他のマックアース関連シーズン券については、8月1日より発売を予定している。

マックアース30 販売料金
・超早割(7月1日〜7月31日)⇒ 大人: 55,555円/子供: 25,250円
・早割(8月1日〜9月30日)⇒ 大人: 65,000円/子供: 30,000円
・通常( 10月1日〜10月31日)⇒ 大人: 100,000円/子供: 50,000円



【関連記事】