Christy Prior
写真:笑顔でピースサインをするクリスティ・プライア(中央)

あのクリスティ・プライア(Christy Prior)がこっそり来日し、ジャンプ練習施設「富山KINGS」に4日間滞在して練習に励んでいったようだ。
クリスティはニュージーランド代表の27歳。ソチ五輪では21位と残念な結果に終わったが、その後はメキメキと頭角を現し、2015シーズンのDEW TOURで3位に入ると、初参戦したXゲームでも3位、続いてのヨーロピアンオープンでは世界大会で初の表彰台のてっぺんに立った。2016シーズンもその勢いは衰えることなく、LAAX OPENで2位、FISの平昌五輪テスト大会で3位、Xゲーム・オスロ大会では2位に入るなど、遅咲きながらも表彰台の常連組入りした女子スノーボード界のトップライダーの一人だ。

今回、昨年も来た同じくニュージーランド代表チームで、USオープン2016では自己最高の4位に入ったカルロス・ガルシア・ナイト(Carlos Garcia Knight)に連れられ来たとのこと。突然のビッグライダーの登場に、キングススタッフらも大興奮だったようだ。

残念ながら、クリスティの練習の様子の動画が富山キングスから公開されたが、本人から「未完成だから動画は待って」と直ぐにストップがかかってしまい、現在は削除されている。ちなみにその動画では2カットだけだが、クリスティらしい男勝りのスタイルの720とダブルバックフリップが収められていた。

角野友基の活躍で、世界中から注目が集まっているKINGS施設。シーズン前の昨年10月にはフリースキー界のトップライダー、ジェームス・ウッズ(James 'Woodsy' Woods)が現れ、トレーニングを積んでいったが、ついに女子スノーボード界のトップライダーまでも訪れた。今回はクリスティのボーイフレンドでもある、Romeのアレック・オーストレングとは一緒では無かったが、「また来るね」と言って帰って行った彼女から話を聞いて、アレックや同じくRomeでRK1クルーのストーレ・サンドベック、トルゲイル・バーグレムら男子スノーボード界のトップライダー達が富山に集結しちゃう日も近いかも?!



【関連記事】