KOBE-KINGS

閉鎖していたスノーボード・スキーのジャンプ練習施設「神戸KINGS」が、場所を新たにして6月15日に再オープンする。また、それに伴い公式サイトもリニューアルオープンした。
角野友基らを輩出したことでも知られる神戸キングスは、2015年の7月に襲われた観測史上最大の豪雨の影響で土地が一部崩壊し、営業が困難となり泣く泣くの閉鎖となった。この度、場所を神戸市北区の「みのたにグリーンスポーツホテル敷地内」に移して心機一転の再出発をする事となった。この場所は同じくレスポンスエンジニア社が手がける話題の人口サーフィン施設「KOBE-REYES」のプロジェクトが進められているところでもあり、こちらもオープンすれば波乗りもスノーボードも楽しむことが出来る、日本最大の横乗りスポットとなる。

新・神戸KINGSのコースは、飛距離8メーターから15メーター級のSEOULキッカーが2レーン、1メーターから最大10メーターまで飛ぶことが可能なSMALLキッカーが1レーンが用意された。また、アプローチは真っ直ぐで無かったり、バンクが付いていたりと、どこにもない形状となっており、飛びやすさを追求しただけでなく“遊び度”が高くなっている。

料金は男性一般4,200円、女性・小学生以下3,700円。追加セッション、1日券、2日券も販売される。各種ギアのレンタルも可能。

また、リニュールしたホームページでは、営業スケジュール、料金、レンタル、所属ライダーなどのコンテンツを見ることができる。

2003年に最初のスタートを切った最も古いKINGSは、最も新しいKINGSへと生まれ変わった。早速体験しに行ってみてはいかが?

神戸KINGS
http://www.kobe-kings.com/



【関連記事】