shaun
@shaunwhite

日本で大きな問題となっているスノーボード2選手の大麻使用問題に関して、エクストリーム界のスーパースター、ショーン・ホワイト(Shaun White)がコメントした。
この問題は海外のニュースでも取り上げられ、昨年12月、コロラド遠征時に10代の日本人2選手が大麻を使用し、全日本スキー連盟から無期限の資格停止処分が下り、また、スノーボード部長の萩原文和氏が辞任したことなどが紹介された。

この報道にショーンは自身のSNSで「(日本の)2選手が合法でもあるコロラド州で葉っぱを吸ったってことで、キャリアを潰される処分されちゃったけど、オレにはちょっと厳しく感じるんだよね。みんなはどう思う?」とつづった。

この問いかけにフォロワーやファンがコメントを寄せている。以下、海外の反応。

「ばかばかしい!」

「それは厳しすぎるよ!」

「全てが台無しになっちゃったね」

「彼らにチャンスを与えてよ!」

「葉っぱ吸ったくらいでこんな大問題になっちゃうの!?」

「馬鹿げた処分だね。でもプロならばチームのルールを知ってそれに乗っ取った行動を取らなくちゃいけないね」

「日本ではタバコや酒も20歳未満は犯罪だから。彼らは日本の法律は破ってないかもしれないけどコーチやチームを傷つけた。SAJのチーフが辞任するとか日本人らしいよ。」

「我々アメリカ人はそうはならないけど、日本の文化は些細なことで騒ぐから。」

「競技中じゃなかったなら、合法の地で吸ってもそんな問題じゃないでしょ。」

「厳しいけど、21歳以上が合法だから10代じゃダメだよ。」

「何をしてるんだって感じだね...」

「厳しい処分だけど、ルールは知っていたはず。他の選手との公平を保つためにも仕方ない。」





【関連記事】