ANNニュースキャプチャ

男子スノーボード強化指定の2選手が、昨年12月に遠征先の米コロラド州で大麻を使用していたドーピング問題で、全日本スキー連盟(SAJ)は27日、都内で臨時理事会を開き処分を決定した。
記者会見で古川年正専務理事は該当の2選手に対し、以下の4つの処分を下したことを発表した。

1:無期限の会員登録の停止
2:無期限の競技者登録の停止
3:強化指定の取り消し
4:JOC五輪強化指定選手の解除

デイリースポーツによると、連盟では今年に入って入手した情報をもとに調査チームを立ち上げ、調査を進めてきた。選手1人は昨冬の米コロラド州での遠征中に参加した知人のパーティーで外国人から大麻を渡され、使用。もう1人は、調査チームのヒアリングを拒否。その後、任意の話し合いには応じ、大麻の使用は否定したものの毛髪鑑定の結果、大麻の成分が検出されたという。

今回の処分で2選手は、ワールドカップや世界選手権、オリンピックを含む全日本連盟および世界連盟が主催する大会には出場できなくなるが、その他の海外のプロ戦などには通常通り出場できる。普段からFIS関連の大会に出場していない選手だとしたら影響は限定的だろう。

▼ANNのニュース動画(追記)




【関連記事】