flyhill

茨城県つくばみらい市のスノーボード・スキージャンプ練習施設が、いよいよ4月29日にプレオープンする。施設名称は「Flyhill(フライヒル)」。
このエアマット施設は元プロスノーボーダーで、現在はTorqrex Snowboards(トルクレックス スノーボード)や、スノーボードショップ『Society(ソサイアティ)』などを運営する肝付兼久が手がける新施設。昨年当サイトでもニュースで紹介し、大きな注目を集めていた。当初は2015年夏のオープンを目指していたが、大幅に遅れてようやくオープンにこぎつけた。

コースは「フリーラン」、「スモールキッカー」、「ミドルキッカー」の3レーン。2時間45分の1セッション制で、料金は男性3,700円、女性・子供3,200円。2セッション、追加セッション、2日券、長期パスなどの購入も可能。また、各種ギアのレンタルや施設の貸切も行われる。

▼スモールキッカー
スモールキッカー

▼ミドルキッカー
ミドルキッカー

▼施設全体
施設全体

施設の場所は「つくばみらい市野堀天田窪台529-3」。常磐道谷田部インターチェンジから車で10分という、アクセスしやすい絶好のロケーションとなっている。

詳しくは公式サイトまで。

▼23日に行われた周辺住民への説明会でのデモ滑走の様子


▼プロライダー岡本航によるテストランの様子


○Flyhill 公式サイト
http://www.flyhill.jp/

○Flyhill 公式facebok
https://www.facebook.com/flyhill.3dpark/



【関連記事】