Steve Aoki

世界的人気を誇る地球No.1パーティ野郎こと、DJのスティーヴ・アオキ(Steve Aoki)が、長年の夢だったスノーボードでのロデオフリップに挑戦するドキュメンタリームービー「Road To Rodeo」が公開された。
最高の人生を歩んでいると自負するスティーブ。彼もまた「スノーボードに出会えた事に感謝している。最高のリフレッシュになるからね」というくらい、スノーボードの魅力に取り憑かれた一人だ。学生時代には雪山へ毎週末のように通い、中でもロデオフリップへの憧れはずっと持ち続けていた。38歳になった今、その夢をようやく叶える時が来た。

Steve Aoki
Steve Aoki

大きなロッジを借りきった一つ屋根の下に友人達と滞在し、レイ・チャールズのマネキンとトランプをしたり、仲間達と毎晩のようにポーカーを楽しみ、昼間は雪山でスノーボードを、夜はロッジで過ごす山籠もり生活を続けた。数週間後、プライベートコースにバグジャンプの準備が整い、ロデオフリップ プロジェクトがスタートした。

Steve Aoki

スティーブはマンモスマウンテンに友人でもある2人、バンクーバー五輪とソチ五輪の2大会連続出場した米国代表チームのグレッグ・ブレッツ(Greg Bretz)と、Xゲームで2連覇したり、女子史上初のバック to バック1080(1080の2連続コンボ)をメイクするなど、今最も女子ハーフパイプ界を賑わしている同じく米国代表チームのクロエ・キム(Chloe Kim)を特別アドバイザーとして招待した。

Steve Aoki

まずグレッグからBS360を習った。何故ならロデオフリップのローテーションはBS540がベースとなっているからだ。次にクロエからバックフリップのアドバイスを受けた。そして・・・。

果たしてスティーブは長年の夢だったロデオフリップをメイクすることが出来たのだろうか?軽快な音楽に乗せたスティーブのフリーランや、プロライダー達のデモジャンプも必見の内容となっている。


Steve Aoki
Steve Aoki


【関連記事】