岡本圭司

HTBのヨコノリ番組「NO MATTER BOARD(ノーマターボード)」で3月23日に放送された、岡本圭司の1年ぶりのライディング映像が公開された。
昨年2月に撮影中の事故で崖から転落し、脊椎を傷つけ足が動かなくなる重傷を負った岡本。そして今年の3月11日には、実に1年ぶりとなる奇跡の雪上復活を果たした。

以下は岡本のブログの過去記事から引用したもの。当時の心境と合わせて映像を見ると、その感動がさらに伝わることだろう。
怪我から1年ちょっと。
やっと雪の上に立つことが出来ました。

滑るときめっちゃドキドキするかなーって思ってたけど、なんかすごく雪の上にいるのが自然で、まあ人生の大半を過ごしたから当たり前なんやけど・・・笑

怪我をして、リハビリをして、あまり動かない足でそこにいることも全ては運命っていうか。よく口では説明できないけど、でも雪の上にいて、板をはいて、皆がいて、とても自然な流れでした。

ターンは気持ちよく、風を切る感覚、雪を踏む感覚、板の感覚、何もかも忘れていませんでした。

といっても右足の力はほとんど無く、ターンも前足1本でやってる感じやし、なんとか滑り降りたくらいです。それでも滑れたのは自分の頭、細胞、全てがスノーボードを覚えていて、最小の力で滑ることが出来るからやと思うんです。

まあ後ろ足の力がないから不整地とかのボコボコや急斜面は全然滑られへんし、オーリーなんか1センチもうかへんし、ほんま全然大した事ないんやけど、それでも1つの目標は達成できたと思ってます。

出典:岡本圭司ブログ「We ride forever.」

▼映像はこちら(スマホだと表示に時間がかかる場合あり)

KEIJI OKAMOTO FIRST RIDING【RIDE with KEIJI】

ノーマターボードさんの投稿 2016年4月6日

岡本圭司
岡本圭司



【関連記事】