雁ヶ峰
写真:雁ヶ峰でのバックカントリーの様子 | @Youtube

埼玉県朝霞市の会社員、日吉祐治さん(34)が6日午後6時すぎ、スノーボードをしに行くと家族に伝えたまま連絡が取れなくなっていると、家族から通報を受けた埼玉県朝霞署が新潟県南魚沼署に連絡した。新潟日報が伝えた。
南魚沼署の発表によると、日吉さんは3日から日帰りの予定で、湯沢町の雁ヶ峰(がんがみね)付近でバックカントリー・スノーボードをする登山計画書が提出されており、登山口に当たるかぐらスキー場の駐車場で、日吉さんの車が6日に発見された。南魚沼署などが7日早朝から捜索を開始する。



【関連記事】