Dr Doggyの超実験

ドギー(Doggy)ことプロスノーボーダー 笠原啓二郎が率いるスノーボード エンターテインメント ムービー プロジェクト“WEIRD(ウィアード)”より、ウェブ ムービー シリーズ「WOW(ワオ)」のシーズン7、第13話『Dr Doggyの超実験』が公開された。
WOWの中でも特に人気の「Dr.ドギーの実験コーナー」がパワーアップして帰ってきた。今回November Snowboardsの協力を得て、超初心者ボード、超ソフトフレックスボード、超反発ボードの3つを制作し、それぞれをテストライディングするというもの。「スノーボードの開発のヒントになれば幸いです」とのことだ。

果たしてスノーボード業界に影響を与えるボードは完成したのだろうか?



▼超重い初心者用ボード
超初心者用ボード(ヘビー)

▼転ばないけど止まれない
転ばない

▼超ソフトフレックスボードでリフト乗車
超ソフトフレックスボード リフト乗車

▼超ソフトフレックスボードでテールグラブ
超ソフトフレックスボード テールグラブ

▼超反発オーリー!
超反発オーリー!

▼想像以上に滑れなくて凹むドギー
想像以上に滑れなくてオチルドギー

▼WOW7.13 ウラバナ
WOW7の終盤にようやくDr Doggyの超実験シリーズが出来ました
3月に入ると役者(ライダー?)の回が増えるのでなかなかスケジュールを調整するのが難しくなり、今年は実験をできないかもな〜なんて思ってました
でも最終回の前になんとか間に合いました
とは言ってもネタを考えるのも一苦労なワケで・・・
頭の中ではなんとなくありましたが実際作るときにイメージを固めていくので用意するものや設計に頭を悩ませました
板はNovemberのテストボードで使わなくなったものを使わせてもらいました(ライダーの特権です)
この実験に関しては初めての試みが多いので作っても滑れるのか?がいつも心配なんです
超初心者用ボードは両脇につけるボードの角度に悩みました
体を傾けたかったのであまりVにすると斜めに立てないし角度をゆるくしたらカービングが出来なくなると・・・
それであの角度になったのですがやっぱりゆるかったみたいですね〜
超ソフトフレックスボードは蝶番を使用したのですが折れている所が雪に引っかかって滑らないかもと思いましたがシャバ雪にも助けられ滑れました
これに関しては想像以上に色々出来たので上出来でした
ただテールを上げながら滑ることは出来ましたがノーズを上げると止まってしまいました
そして超反発ボードは想像してた通り滑るのがとても困難でした
去年の超カントボードはまだダイレクトにエッジを立てる事が出来ましたがバネはフニャフニャなので全然エッジが立たず大変でした
しかしこれは反発の実験なのでオーリーメインで考えてましたw
アプローチもままならなかったけどなんとか3回でメイクしました
そんな感じでロンドンも実験に参加しましたが、誰も出来ない経験が出来たのではないでしょうか?w
そして超実験は無事に終了いたしました
いよいよ来週は最終回です
早いですね〜
WEIRD JAPAN facebookより



【関連リンク】
○WEIRD公式サイト
http://www.weird92.com/

○WEIRD | facebook
https://www.facebook.com/pages/WEIRD-JAPAN/301745373170134

【関連記事】