yuki
Rider: 角野友基 | @sami_tuoriniemi

中国のヤブリリゾートで開催中のスノーボード世界選手権は11日、男子のビッグエア予選とセミファイナルが行われた。
セミファイナルからシード出場した、Xゲームで初優勝したばかりの日本のエース 角野友基は、2本とも決めることができず16.00ptの20位で、上位8名で行われる13日の決勝へと進む事が出来なかった。

予選からの出場となった稲村奎汰は、1本目に81.33ptをマークし予選を4位通過するも、セミファイナルでは2本とも決めることができず、13.66ptの23位でここで敗退した。

セミファイナルをトップで通過したのは、BSトリプルコーク1440で97.00ptの高得点を叩き出したカナダのマックス・パロット。2位通過も同じくBSトリプルコーク1440で95.00ptをマークしたセブ・トゥーツ。3位通過はピートゥ・ピロイネンだった。

セミファイナルからシード出場したダーシー・シャープや、トルゲイル・バーグレムもまた決勝へ進めなかった。予選から勝ち上がった唯一の中国人ライダーのイーウェイ・ジャンは18位で敗退。ストーレ・サンドベックはUSオープンに引き続き出場をキャンセルした。

▼決勝の模様は下記のページでライブストリームで生配信される
http://www.heavysnowker.com/archives/51991888.html

▼3位で決勝へ進んだピートゥ・ピロイネンのラン
PEETU PIIROINEN CORONA WCS 2016 CHINA

PEETU PIIROINEN IN THE BIG AIR SEMIS @ THE CORONA WCS 2016 CHINAPeetu Piiroinen

World Snowboard Tourさんの投稿 2016年3月11日


▼形が悪いながらも自身初のトリプルコークを決めたイーウェイ・ジャン
Yiwei Zhang's first triple in Big Air Corona WCS 2016

Yiwei Zhang of China decided today to try his first triple in competition. Not the prettiest but definitely a crowd favourite. Big ups.

World Snowboard Tourさんの投稿 2016年3月11日


【追記:2016-3-12】

男子ビッグエア予選リザルト:
RANK NAME NAT AGE SCORE
1. STASSEL, Ryan USA 23 87.00
2. PIIROINEN, Peetu FIN 28 84.00
3. BOESIGER, Jonas SUI 20 83.33
4. INAMURA, Keita JPN 19 81.33
5. TONTERI, Roope FIN 23 80.66
6. GULDEMOND, Chas USA 28 79.66
7. ULSLETTEN, Emil NOR 22 77.00
8. DE BUCK, Sebastien BEL 20 76.33
9. NICHOLSON, Tyler CAN 20 75.66
10. ZHANG, Yiwei CHN 23 73.66
11. DAVIS, Brandon USA 20 72.00
12. BEAUCHEMIN, Eric USA 25 71.00
13. JAERVILEHTO, Kalle FIN 20 70.33
14. SMITS, Seppe BEL 24 69.66
ーーーーーーーーーー(上位14名がセミファイナルへ)
15. EBERHARDT, Max CAN 21 68.33
16. BADEN, Nikolas USA 18 64.33
17. HEDBERG, Mans SWE 22 64.00
18. THOENEN, Moritz SUI 19 60.00
19. GERBER, Carlos SUI 25 50.66
20. DMITRIY, Mindrul RUS 24 46.66
21. MOUTON, Boris FRA 19 38.00
22. HORAK, Petr CZE 24 25.66
23. JOSEY, Chase USA 20 20.33
24. KORPI, Janne FIN 30 10.33
25. BURCH, Dario SUI 18 9.00

男子ビッグエア セミファイナル リザルト:
RANK NAME NAT AGE SCORE
1. PARROT, Max CAN 21 97.00
2. TOUTANT, Sebastien CAN 23 95.00
3. PIIROINEN, Peetu FIN 28 91.66
4. THORGREN, Sven SWE 21 89.33
5. MACK, Kyle USA 18 88.66
6. GULDEMOND, Chas USA 28 88.33
7. TONTERI, Roope FIN 23 87.66
8. JAERVILEHTO, Kalle FIN 20 86.33
ーーーーーーーーーー(上位8名がファイナルへ)
9. STASSEL, Ryan USA 23 86.00
10. CICCARELLI, Michael CAN 19 85.33
11. DAVIS, Brandon USA 20 83.66
12. DE BUCK, Sebastien BEL 20 82.66
13. NICHOLSON, Tyler CAN 20 81.66
14. ULSLETTEN, Emil NOR 22 81.33
15. BEAUCHEMIN, Eric USA 25 80.33
16. BOESIGER, Jonas SUI 20 79.33
17. SMITS, Seppe BEL 24 75.33
18. ZHANG, Yiwei CHN 23 57.66
19. MATTSSON, Niklas SWE 23 37.00
20. KADONO, Yuki JPN 19 16.00
21. SHARPE, Darcy CAN 20 15.66
22. BERGREM, Torgeir NOR 24 14.00
23. INAMURA, Keita JPN 19 13.66

▼モンスターエナジーからのスポンサーも無くなり、本当に全身真っ黒になった、セミファイナルをトップで通過したマックス・パロット。「ダースベイダーかい?」というフォロワーからのつっこみも入れられた。


○The World Championships of Snowboarding2016 公式サイト
http://www.wcs2016yabuli.com/

○JSBA(日本スノーボード協会)サイト内イベント案内ページ
http://www.jsba.or.jp/wcs2016/

○前回オスロ大会結果
http://www.jsba.or.jp/wsc/



【関連記事】