全日本選手権スロープスタイル

スノーボードの全日本選手権は10日、群馬県・スノーパーク尾瀬戸倉でスロープスタイル競技を行い、男子では脇田朋碁が、女子では藤森由香が共に初制覇した。
[ 第22回 全日本選手権 男女ハーフパイプの結果はこちら ]

LAAX OPENやUSオープンといった世界大会へ出場するなど今季大きな経験を積んできた、男子で優勝した脇田は、BS900やBSダブルコーク1260などで93.75ptを叩き出して見事勝利した。2位は國武大晃、3位は相澤亮。

脇田は「今回は最後のキッカーが危なげなく立てて、ちょっと1個目のキッカーは柔らかくてめっちゃ難しくて、1本目はそこでミスっちゃって、だけど2本目は決めれました。(次のビッグエア競技については)スロープとは違った技で魅せれたら良いなと思っています。」と、DRAGON.TVの勝利者インタビューで語った。

そしてLAAX OPENでは予選敗退するなど今季結果を残せていなかった、女子で優勝した藤森は、BS540や大きなBS720などで86.83ptをマークして見事勝利した。藤森はスノーボードクロスから競技転向後の初タイトルとなった。2位は佐藤亜耶、3位は岩渕麗楽だった。

藤森は「最後のジャンプはBS720だったんですけど、個人的には今メイク率が高いので、とにかく大きく飛ぼうと心がけていて、それが出来て良かったです。とりあえず今回の優勝でナショナルチーム入りが出来ると思うので、来シーズンはナショナルチームのメンバーとして優勝を狙っていきたいと思います。これから世界の大会に向けて頑張っていくので是非応援よろしくお願いします。」と、同じくDRAGON.TVの勝利者インタビューで語った。

FIS公認の全日本選手権は、オリンピック出場へ繋がる重要な大会ということもあり、一部の選手は日程の重なった中国のヤブリで開催されるスノーボード世界選手権をキャンセルし、この国内大会への出場を選択していた。

男子スロープスタイルリザルト:
1. WAKITA Tomoki
2. KUNITAKE Hiroaki
3. AIZAWA Ryo
4. INAMURA Tatsuki
5. SUZUKI Atsuhiro
6. WAKITA Masaki
7. TOBITA Ruki
8. MIYAZAWA Yutaro
9. KIMATA Ryoma
10. OTSUKA Takeru
11. SAKASHITA Sora
12. NAGASAWA Hayato
13. ISHIDA Takahiro
14. HIRAOKA Keitaro
15. UMEHARA Souta
16. YAMANE Yuto
17. ITO Yuu
18. SUZUKI Kaito
19. OKUBO Yuri
20. WAKI Yahiro
21. OHASHI Rikuto
22. SATO Yuki
23. KUDO Yamato
24. JINGUJI Kaito
25. WATANABE Takuto
26. SHIRAKAWA Mafuyu

男子入賞者一同

▼優勝した脇田朋碁のラン
※外部サイト(YouTube)に飛びます。
wakita_play

▼2位の國武大晃のラン
※外部サイト(YouTube)に飛びます。
kunitake_play

▼3位の相澤亮のラン
※外部サイト(YouTube)に飛びます。
aizawa_play

女子スロープスタイルリザルト:
1. FUJIMORI Yuka  
2. SATO Aya
3. IWABUCHI Reira
4. AIZAWA Mao
5. SATO Natsuki
6. OGAWA Hikaru
7. YOSHIKA Rina
8. NAKASHIMA Risa
9. MATSUZAWA Yuka
10. TANIUE Kanako
11. TARUSAWA Riri
12. YOSHIKA Yuri
13. KUNITAKE Maki
14. HIRONO Asami
15. HOSHINO Fumika
16. SAGA Yuki
17. NAGOSHI Misaki
18. KATOU Yuuki

▼女子の入賞者一同の写真と、5位だった佐藤夏生のコメント

尾瀬戸倉カップでは8位、昨日の全日本選手権は5位入賞でした!去年は2位でしたが今年は妹あやが2位。上位3人のぶっとびにはプッシュされました。私は自分のテーマを持って滑り切ることができ、改めて自分が滑る意味を再認識できました。自分にしかできないライディングを探求することが私のいちばんのモチベーションだと思います。良い時に奢らずいたい、悪い時に腐らずいたいと思えるのはスノーボードの魅力のおかげだと思います。マンモスのW杯では踵の脂肪体を損傷してしまい、その後の平昌W杯もうまく滑ることができず、先シーズン同様に負傷とそれに伴う恐怖心に苦しむことでライダーとしての自分の存在意義を自問自答することもありました。大会で自信をなくしたり、大会で自分のモチベーションを再発見したり、私は毎度スノーボードで成長させてもらってます! 私をサポートし続けてくれるブランドの皆様、1月に入社したレカム、バルトレーナー、カナダの周コーチ、新潟県の皆様、家族や友達のみんな、応援してくださる皆様のおかげで、日々頑張ることができます!こうしてなにかを頑張ることができるということは、幸せなことだと自分では感じています。ビッグエア2連戦も頑張ります! #畳

Natsuki Satoさん(@natsuki326)が投稿した写真 -




▼優勝した藤森由香のラン
fujimori_play

▼2位の佐藤亜耶のラン
sato_play

▼佐藤亜耶のコメント


▼3位の岩渕麗楽のラン
iwabuchi_play

▼DRAGON.TVによる男女スロープスタイル決勝




【関連記事】