yabuli

大きな大会の過密スケジュールが続いているが、ついに今季最後となるビッグイベント「スノーボード世界選手権(国際表記:World Championships of Snowboarding)」が10日から16日まで、中国のヤブリリゾートにて開催される。
このスノーボード世界選手権は、TTR ワールドスノーボードツアーとWSF(世界スノーボード連盟)がタッグを組み、ノルウェーのオスロ大会を皮切りに4年に1度開催される。参加者はWST(ワールドスノーボードツアー)チャンピオン、世界大会(エリート)の優勝者、各国から厳選されたトップライダーたちが『スノーボード世界チャンピオン』という栄誉のもとに世界中から集結する正真正銘の世界最高峰のスノーボード大会となっている。

oslo大会

オスロでの前回大会では、岡本圭司、角野友基、平岡卓、青野令らが参戦したが、日本人最高位は平岡の4位止まりで、残念ながら日本勢はメダル獲得には至らなかった。第2回目となる今年は、さらなる進化を遂げた最強布陣で日本人初表彰台・初優勝に挑む。

ハーフパイプの男子では、LAAX OPENとXゲーム・オスロ大会覇者の平野歩夢、今季の不調を吹っ飛ばしてUSオープンで銅メダルを獲得した平岡卓、今季W杯種目別総合チャンピオンの青野令、USオープンでは予選を2位で通過するなど快進撃を見せた片山來夢、同じくUSオープンで決勝進出した元ソチ五輪代表の子出藤歩夢、そしてヤングガンの安藤南位登岡本航の7名が出場する。女子ではXゲーム・オスロ大会で5位と健闘した大江光、国内大会を全勝し、世界大会に活動の場を移し始めている今井胡桃、そして今後の活躍が期待される冨田せなの3名が出場する。

海外勢では、USオープンでも圧巻の優勝劇を見せたショーン・ホワイト、前回大会のチャンピオンでもあるソチ五輪金メダリストのユーリ・ポドラドチコフ、LAAX OPEN2位のパトリック・バーゲナー、前回大会の銀メダリストでXゲーム・アスペン大会王者のマット・ラドリーらが、そして女子ではUSオープンで初優勝を飾ったばかりのクロエ・キム、ケリー・クラーク、アリエル・ゴールドらが出場する。

スロープスタイルとビッグエアーでは、今季まだスロープスタイルでのタイトルを取れていないが、ビッグエアではAir+Style ロサンゼルス大会で2連覇し、Xゲーム・オスロ大会では日本人初優勝したエース 角野友基、そして今季は膝の怪我で調子を崩しているが、角野の次に期待のかかる稲村奎汰の2名が両競技に出場。女子では、FISの世界選手権で優勝経験を持つ、LAAX OPEN3位の鬼塚雅がスロープスタイルに出場する。

海外勢では前回大会の覇者チャズ・グルデモンドを筆頭に、ストーレ・サンドベック、ダーシー・シャープ、スヴェン・ソーグレン、マックス・パロット、マイキー・シサレッリ、トルゲイル・バーグレム、ビリー・モーガン、セブ・トゥーツらが出場する。

公式サイトではリストアップ紹介されていないライダーも合わせ、世界各国から総勢150名にも及ぶ選手達が集結し、賞金総額50万ドル(約5,680万円)をかけて争う。

大会の模様は全ての競技がファイナルのみライブストリームで配信される。ライブ配信の詳細は情報が入り次第、当サイトにて紹介予定。

▼追記:ライブストリーム配信はこちら
http://www.heavysnowker.com/archives/51991888.html

大会スケジュール

3/8  選手到着
3/9  公開練習
3/10 HP女子予備予選 / SS男子予備予選
3/11 SS女子予備予選 / HP男子予備予選 / BA男子予選・準決勝
3/12 SS男子予選 / HP女子予選 / / BA女子準決勝
3/13 HP男子予選 / SS女子予選 / BA男女決勝
3/14 HP男女準決勝 / SS男女準決勝
3/15 SS男女決勝
3/16 HP男女決勝

出場ライダーリスト

yabulibg

※ここに掲載されているのは公式とJSBA(日本スノーボード協会)が発表した一部の選手達です。総勢150名が出場予定。

男子ハーフパイプ

Iouri Podladtchikov (SUI) ※前回大会チャンピオン
Shaun White (USA)
David Habluetzel (SUI)
Max Gold (USA)
Jan Scherrer (SUI)
Matthew Ladley (USA)
Christian Haller (SUI)
Pat Burgener (SUI)
青野 令 (JPN)
安藤 南位登 (JPN)
岡本 航 (JPN)
片山 來夢 (JPN)
平岡 卓 (JPN)
平野 歩夢 (JPN)
子出藤 歩夢 (JPN)


女子ハーフパイプ

Kelly Clark (USA) ※前回大会チャンピオン
Chloe Kim (USA)
Arielle Gold (USA)
Maddie Mastro (USA)
Summer Fenton (USA)
Mirabelle Thovex (FRA)
今井 胡桃 (JPN)
大江 光 (JPN)
冨田 せな (JPN)


男子スロープスタイル

Chas Guldemond (USA) ※前回大会チャンピオン
Mark McMorris (CAN)
Tyler Nicholson (CAN)
Stale Sandbech (NOR)
Darcy Sharpe (CAN)
Sven Thorgren (SWE)
Niklas Mattsson (SWE)
Eric Beauchemin (USA)
Mikey Ciccarelli (CAN)
Max Parrot (CAN)
稲村 奎汰 (JPN)
角野 友基 (JPN)


女子スロープスタイル

Spencer O’Brien (CAN) ※前回大会チャンピオン
Jamie Anderson (USA)
Anna Gasser (AUT)
Christy Prior (NZL)
Cheryl Maas (NED)
Elena Koenz (SUI)
Enni Rukajarvi (FIN)
Karly Shorr (USA)
Jessika Jenson (USA)
Silje Norendal (NOR)
鬼塚 雅 (JPN)

男子ビッグエア

Torgeir Bergrem (NOR)
Max Parrot (CAN)
Sven Thorgren (SWE)
Sebastien Toutant (CAN)
Billy Morgan (GBR)
Mark McMorris (CAN)
Stale Sandbech (NOR)
Darcy Sharpe (CAN)
Kalle Jaervilehto (FIN)
稲村 奎汰 (JPN)
角野 友基 (JPN)


女子ビッグエア

Lia-Mara Boesch (SUI)
Cheryl Maas (NED)
Elena Koenz (SUI)
Spencer O’Brien (CAN)
Enni Rukajarvi (FIN)
Silje Norendal (NOR)
Katie Ormerod (GBR)
Sina Candrian (SUI)
Christy Prior (NZL)
Jamie Anderson (USA)
Anna Gasser (AUT)

スロープスタイルコース

スロープスタイルのコースは3連キッカーから始まり、3連ジブで終わるという、通常行われてきたスロープスタイルのコースとは逆の珍しいセクション配置となっている。



大会ティーザー




○The World Championships of Snowboarding2016 公式サイト
http://www.wcs2016yabuli.com/

○JSBA(日本スノーボード協会)サイト内イベント案内ページ
http://www.jsba.or.jp/wcs2016/

○前回オスロ大会結果
http://www.jsba.or.jp/wsc/



【関連記事】