今井メロ

時代の寵児から一転して“奈落の底”へ――。今からちょうど10年前のオリンピックで、不遇な経験をした女性アスリートがいる。06年トリノ五輪にスノーボード日本代表として出場した今井メロ(28)だ。
「もう10年ですか。早いですね。今だからこそ話せますが、当時は本当に……辛かったです」

東京都内で本人に会うと、感慨深げに振り返った。

12歳で日本女子最年少のプロスノーボーダーとなり、17歳でトリノ五輪の出場選手に内定。大会直前まで好成績を残していたこともあり、「メダル確実」と日本中の期待を一身に背負った。

ところが、本番では直前に痛めた腰の痛みと五輪メダルの重圧に負け、2度の転倒で予選落ち。高い期待の反動もあってか、直後から世間の猛バッシングにさらされた。

「私が周りの大人に乗せられて調子に乗っていたのもありますが、負けた瞬間から『日本の恥』『天狗』『実力がないのに偉そう』と。5歳の頃から毎日何時間も休まず練習してW杯で総合優勝、ウェイクボードでも世界一になった。それで出場できた五輪だったのに、たった一度の失敗で、みんな豹変(苦笑)。周囲から人がいなくなりました。負けて初めてわかりました。オリンピックの大きさというか、怖さを……」

傷ついた18歳は、その後1年間、自宅での引きこもりを余儀なくされた。人間不信に陥り、孤独感は日に日に増していく。「生きている意味がない」と苦悩したこともあった。

その後、「新たな人生」を模索した彼女は、様々な職種へと足を踏み入れたものの、元五輪選手という“肩書”は一生離れない。何をやっても世間からの冷たい視線にさらされ続けた。

そんな彼女に生きる勇気を与えたのが子供の存在だった。

「2度離婚して今は2人のシングルマザー。母として子供たちを育てないといけませんから。強くなりましたよ(笑)。それに、上の子(5歳)が最近言ってくれたんです。『お母さん、オリンピックに出たんやろ? すごいな』と。今は当時のように一人じゃない。だからこそ、何があっても前向きでいられるようになったと思います」

彼女のフェイスブックには、複雑な事情を抱えた女性を中心に毎日200件近い連絡や相談が寄せられる。

「できる限り返事はしています。私の経験が少しでも役に立てるのであれば嬉しいですからね」

リオ五輪まであと半年。アスリートたちは今、大舞台に向けて最後の追い込みに入っている。その努力とプレッシャーを知っているからこそ、18歳で苦汁をなめたヒロインは、五輪に出場するアスリートと周囲の見方についてこう語る。

「やはり現役選手はベストを尽くしても、オリンピックで結果が出ないことはあります。周囲はあらかじめそのことを理解しておくべき。そのうえで、選手はどういう結果になっても前を向く。私はそうやって、ここまで来ましたから。そう思って、日本の選手には頑張ってほしいですね」

▽いまい めろ 1987年10月生まれ。12歳で日本人最年少のプロスノーボーダーに認定。04−05年シーズンのW杯で総合優勝。06年にトリノ五輪女子ハーフパイプ代表として出場。

日刊ゲンダイ
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/174521



【関連記事】