yahoo
日本に金2・銅1のメダルをもたらした3選手 Photo: Asaki Abumi

Xゲームズ・オスロで日本勢が金2・銅1と異例の快挙 日本の報道陣ゼロの謎と、薬物検査拒否の今後

24〜28日にオスロで開催されたエクストリームスポーツの最高峰といわれる大会「エックスゲームズ」。スケートボード・ストリート、スノーボードとスキーではビッグエアとスーパーパイプの競技がおこなわれ、世界中から強豪が集結した。

日本からは6人の選手が参加し、金メダル2個、銅メダル1個と驚きの結果を残した。
日本勢がここまで活躍するとは、誰も予想していなかったのではないだろうか。大会史上では、初の日本人優勝者は2001年のウルトラクロスで優勝した瀧澤宏臣選手。その後は日本は金メダルを獲得していなかった。今大会で、一気に2人が優勝したのだ。

日本の報道陣の姿がゼロの謎

世界的には有名な大会だが、日本では知名度はまだまだ低いようだ。驚いたことに、現地には日本の国旗で応援するファンや、日本の報道陣の姿が一切なかった(筆者と大会主催者の勘違いでなければ)。

日本のスポーツ専門の記者であれば、筆者よりもより良い目線で伝えることもできたのではないか。海外通信社を通して、金メダルのことは日本では報道されたようだが、今後は日本の記者やカメラマンが自分たちで伝えるのが、選手たちの応援にもなるのではないかと感じた。

薬物検査を拒否し続け、それでもオスロ市に来年の支援を要請する主催者ESPN

主催者のESPNは、来年もオスロでXゲームズを開催したいという意向をノルウェーのメディアに明らかにしている。だが、今回は頑固に拒否した、国際基準のWADAのガイドラインによるドーピング検査を受け入れなければ難しいだろう。ノルウェーの国民の税金である5億円以上もの援助をしてもらいながら、現地でのスポーツ界のルールを無視するのは、あまりにも都合がよすぎるのではないか。なにより、なぜ薬物検査をそこまで嫌がるのかが気になる。

オスロ大会は今回が最初で最後になるのだろうか。オスロ市議会は、今後の支援についてはこれから検討予定としている。

Yahoo!ニュース
http://bylines.news.yahoo.co.jp/abumiasaki/20160229-00054917/



【関連記事】