NEWS000000023901
Photo: 霧ケ峰スキー場 | @信濃毎日新聞

二十八日午前十時十五分ごろ、諏訪市上諏訪の「ファミリーゲレンデ霧ケ峰スキー場」で、東京都府中市の保育園男児(5つ)がリフトから転落した。諏訪署によると、腹腔(ふくくう)内出血の疑いがあるが意識はあり、命に別条はないもよう。
同署によると、男児は家族四人で同スキー場を訪れ、母親と一緒に二人乗りのリフトに乗っていた。乗ってから約百メートルほど進んだ付近で、男児が、自分のスキーに付いた雪を落とそうと前かがみになって体勢を崩し、四・八メートル下のゲレンデに転落した。このリフトには安全バーが付いておらず、落ちた地点のゲレンデの積雪量は約八センチだったという。

中日新聞
http://www.chunichi.co.jp/article/nagano/20160229/CK2016022902000033.html

▼最近海外であったリフトから落ちそうになった子供の救出劇


▼ファミリーゲレンデ霧ヶ峰スキー場 基本情報
http://travel.rakuten.co.jp/ski/254/



【関連記事】