6日から8日まで、北海道札幌 HTB PARK AIR広場にて今年も「白い恋人PARK AIR」のスノーボード大会が開催された。
総勢41名のライダーによる2日間に分けてのジャムセッション形式で予選が行われ、各日5名づつ合計10名が8日の決勝へと進んだ。決勝では3本のランのベストポイントによりリザルトが決まった。

優勝したのは、BSダブルコーク1080をメイクした、Re:(アールイー:旧Sclover)として活躍する、前回大会2位の宮澤悠太朗。準優勝は宮澤と同じくBSダブルコーク1080をメイクしたRideの15歳、大久保勇利。3位には、BS1080をメイクした、8人出場した30代の中で唯一勝ち進んだ011ライダーの藤本光海が入った。

優勝した宮澤には賞金30万円と、「白い恋人」1年分、北海道索道協会2016-2017シーズン券が贈られた。

▼優勝した宮澤悠太朗のコメント


6日(土)予選リザルト:
1. 佐藤 緋勇威(18)
2. 高橋 亮大(26)
3. 藤本 光海(33)
4. 大磯 勇樹(27)
5. 佐野 天志(22)

7日(日)予選リザルト:
1. 宮澤 悠太朗(17)
2. 大久保 勇利(15)
3. 谷口 貴裕(27)
4. 松永 隆宏(24)
5. 吉田 悠陽(17)

白い恋人PARK AIR 決勝リザルト:
1. 宮澤 悠太朗(17)
2. 大久保 勇利(15)
3. 藤本 光海(33)

photo02
htb.co.jp

▼優勝した宮澤悠太朗のBSダブルコーク1080


▼決勝では惜しくも決めれなかったが、ナイトセッションではBSダブルコーク1260をメイクした宮澤


▼新聞の一面に載った宮澤

日刊スポーツさんありがとうございました!

Yutaro Miyazawaさん(@yutaro38)が投稿した写真 -



▼準優勝した大久保勇利のコメントとBSダブルコーク1080


▼3位に入った33歳 藤本光海のBS1080


▼スノーボードのナイトセッション


▼フリースキーのナイトセッション


▼さっぽろ雪まつり、一番人気のプロジェクションマッピング




○白い恋人 PARK AIR
http://www.htb.co.jp/parkair/

○白い恋人 PARK AIR facebook
https://www.facebook.com/htbparkair/

【関連記事】