Shaun White

セレブアスリートとしても知られるエックススポーツ界のスーパースター ショーン・ホワイトが、マンモスリゾート社の株式を購入し、経営陣として加わった事が発表された。マンモス マウンテン リゾートとジューン マウンテンを運営する同社は、最近、ベア マウンテンとスノーサミットを3800万ドル(約46億円)で買収している。
ショーンは4歳の頃にスノーボードを始め、6歳の頃までベア マウンテンとスノーサミットのパークで滑っていた。彼の初めての大会はここベア マウンテンで、彼の初めてのX-Gamesもここベア マウンテン、その後の彼のスノーボードの歴史もここベア マウンテンで刻まれている。マンモスリゾート社がベア マウンテンとスノーサミットの買収に動いている事を知り、同社の経営陣へ名乗りを上げていた。

「とてもワクワクしているよ。僕はここベア マウンテンでスノーボードを始めた。ここは僕のホームゲレンデでもある。ここで初めてのトリックを習得し、ここで初めて大会にも出たんだ。そしてここでアマチュアからプロにもなった。僕はここで全ての経験を積んできたんだ。」とショーンは新しいミッションのために彼の幼少期の遊び場に戻ってきた。

「オーナーとして改善をしていったり、初心者だろうとプロだろうと、みんなが楽しめるリゾートの未来を創造していきたい。」とショーンが続けた。

shaun
@mammothmountain

マンモスリゾート社のマーケティング幹部のエリック・フォーセルは「ショーンのスノーボードに対しての思いは、彼の企業家としてのビジネスにも反映されている。例えば彼のアパレルラインもそうだし、Air+Styleもだよ。」と言う。

またエリックは「昨年、我々は2つの山を買ったんだ。紹介するとCali4nia Pass(カリフォーニア パス:マンモスマウンテン、ベアマウンテン、ジューンマウンテン、スノーサミットの共通リフト券)として利用でき、そしてショーンをもたらした場所。これら全ての動きには意味があり、私たちのスキーヤーたち、スノーボーダーたちの大きな利益になると思う。」と続けた。

ショーンの協力はマンモス マウンテンとビッグ ベア マウンテンリゾートのプロデュースだけでなく、人々の雪上での経験にも拡大し、2つの大きなパークにも影響されるだろう。

マンモスリゾート社とショーンは、これからのパークやイベントなど、ショーンのビジョンも含め、色々な情報を発信していく予定。



【関連記事】