Air + Style INNSBRUCK 2016

LAAX OPEN、Xゲームと終わり、次はいよいよ今週末の6日(土)、オーストリア・インスブルックのオリンピアワールドにて、スノーボード ビッグエアの世界大会「Air + Style(エアー&スタイル)」の今季ツアー第2戦インスブルック大会が開催される。大会の模様は、20時30分よりライブストリームで生配信される。(※今年は前日予選無しで行われる。)

[ ラウンド1の結果はこちら ]

ライブストリーム配信(6日(土)20時30分より)


※スマホからはアプリ「Hook」をダウンロード(無料)すれば見れます。

▼上記見れない場合はこちら
http://eversport.tv/action-sports/snow/2016/2/6/air-style-innsbruck

▼ラウンド2のスタートリスト(ヘッドtoヘッド形式)
startlist


日本からは、角野友基と稲村奎汰が参戦!世界とトップライダー達が集結!

参戦するのは、今季の招待を受けたツアーアスリート達。日本からは、角野友基と稲村奎汰の二人。角野は、北京大会では只一人BSトリプルコーク1620をメイクして4位と健闘、ベストトリック賞にも輝いた。先週末に行なわれたXゲーム・ビッグエアでは、見事銅メダルを獲得したのも記憶に新しい。しかしながらXゲームでは角野の武器だったBSトリプルコーク1620が、ガンガン飛び交うネクストレベルな戦いとなっていた。インスブルックではどうてっぺんを狙って行くのか注目が集まる。一方の稲村は、北京では前日予選を勝ちあがったものの1回戦で敗退してしまった。今度こそ新技スイッチバックサイド1620を決めて、最後まで勝ち進む活躍に期待したい。

海外勢では、今季若干不調ぎみだが、昨年のA+Sツアー総合チャンピオンでもあり、インスブルック大会の覇者でもあるストーレ・サンドベック。久しぶりに大会に戻ってくるのは、クリスマスに怪我したとのことで世界大会を次々とキャンセルしてきたノルウェーのトリックマスター マーカス・クリーブランド。この二人がどこまで調子を上げていけるのかも見どころの一つだろう。

そしてなんといっても北京大会で悲願のA+S初優勝を飾り、Xゲーム・ビッグエアでは、大会史上初となるcabトリプルコーク1800というとんでも技をメイクし、優勝をもぎとったのが記憶に新しいカナダのマックス・パロット。北京大会では2位で、Xゲーム・ビッグエアでも2位に入った天才マーク・マクモリス。このワンツーフィニッシュを決めたカナディアンの2人を誰が崩すのか大きな注目が集まる。

A+S INNSBRUCK 出場リスト(2016-02-01 update.)

※全24名のライダーが出場予定。
※現在「インスブルック出場」と表記があるライダーのみ掲載しています。
  • Stale Sandbech (NOR)
  • Maxence Parrot (CAN)
  • Sven Thorgren (SWE)
  • Kim Rune Hansen (NOR)
  • Eric Willett (USA)
  • Mathias Weissenbacher (AUT)
  • Marcus Kleveland (NOR)
  • Yuki Kadono (JPN)
  • Niklas Mattsson (SWE)
  • Keita Inamura (JPN)
  • Mark McMorris (CAN)
  • Michael Ciccarelli (CAN)
  • Emil Ulsletten (NOR)
  • Torgeir Bergrem (NOR)
  • Antoine Truchon (CAN)
  • Tor Lundstrom (SWE)
  • Sebbe De Buck (BEL)
  • Billy Morgan (GBR)
  • Peetu Piiroinen (FIN)
  • Sebastien Toutant (CAN)

A+S INNSBRUCK 2016 トレーラー


【関連リンク】
○Air + Style
http://www.air-style.com/

○Air + Style facebook
https://www.facebook.com/airandstyle

【関連記事】