aono
L toR: Gabe Fergusond (3rd), Tyo Aono (1st) and Chase Josey (2nd) | fis.com

米カリフォルニア州マンモスマウンテンにて21日から24日まで、スノーボードW杯の一貫でもある「U.S. Grand Prix」が開催された。23日に男女ハーフパイプの予定だったが、悪天候のため24日に順延。予選無しでそのまま決勝が行なわれ、男子で青野令が91.20ptをマークし、2014年1月以来の2年ぶりでW杯通算11勝目を挙げた。安藤南位登は16位だった。
青野は最後に4回転の大技を成功させると、思わず右手を突き上げた。「自分のスノーボード人生でベストランだった」と自画自賛する滑りで、25歳の青野が2年ぶりにW杯男子HPを制した。

悪天候のため予選が中止となり、いきなり迎えた決勝の1回目。前日に降った雪の影響でスピードが出ず、他の選手がスコアを伸ばせない中、序盤の3回転などで勢いに乗ると、昨年から練習を重ねた4回転の「フロントサイド1440」を、バランスを崩しながらも決めた。「調子は良くなかった。着地できると思っていなかった」と自身も驚く演技で90点を超えた。

2014年11月、脱臼を繰り返していた左肩を手術し、昨年はリハビリと練習に多くの時間を割いた。復活を自ら祝う勝利に「ことしから再スタートと思ったところで、そろそろ欲しいなと思っていた時に優勝できてうれしい」「久々の晴天でテンションが上がっていた。楽しく滑れたのが(91.20ptを出した)1本目のランにつながった」」と素直な気持ちを口にした。 

aono2
Rider: 青野令 | asahi.com

▼青野令のFS1440を含む優勝を決めたラン


安藤は「天候に左右されて失敗してしまった。合わせ切れなかったのは足りないところ。2本目は風もなくて走れる状況だったけど、最後に転んでしまった」とコメント。

2位はチェイス・ ジョージー、3位はベン・ファーガソンの弟でもあるゲイブ・ファーガソン。ゲイブは28日から開催されるXゲームに出場予定。

kelly
L toR: Maddie Mastro (3rd), Kelly Clark (1st), Chloe Kim (2nd) | fis.com

女子ハーフパイプでは、松本遥奈が76.60pt点で4位に入った。優勝は、LAAX OPENでは無くこのU.S. Grand Prixを選んだ絶対王者ケリー・クラークが、W杯通算11勝目をあげた。2位には同じくこの大会を選らんだXゲーム最年少チャンピオンのクロエ・キム。2人もまたXゲームに出場予定。また、3位にはマディ・マストロが入り、表彰台をアメリカチームが独占した。

松本は「2本目は高さを出そうと思って突っ込んだ。着地でミスして点数が出なかった。表彰台に上りたかったので悔しい」とコメント。

78297_G08_W01
L toR: Chas Guldemond (3rd), Brandon Davi (1st) and Eric Willet (2nd) | fis.com

男子スロープスタイルでは、稲村奎汰が26位で予選敗退。女子では、悪天候の為に予選はキャンセルとなり決勝のみが行われ、広野あさみが11位、佐藤夏生が18位だった。

広野は自身のfacebookで「自分のやりたいルーティーンが完璧に出来ず11位で終わりました。悔しくて涙も出ません!w 一方LAAXでは日本勢が活躍しており嬉くて更にモチベーション上がりました!! 応援してくれた方々ありがとうございました。またコロラド戻って修行します!!」とコメント。

男子の優勝は、ここマンモスをホームとするアメリカのブランドン・デービス。女子はハンガリーのアンナ・ジャルマチ。

▼男子優勝のブランドン・デービスのラン。


男子ハーフパイプリザルト:
1. AONO Ryo 91.2
2. JOSEY Chase 90.2
3. FERGUSON Gabe 85.8
4. PATES Jake 83.6
5. WACHENDORFER Ryan 77
6. LEE Kwang-ki 70.2
7. AVTANEEV Nikita 70
8. NIBLETT Trevor 69.8
9. MILLER Toby 69.2
10. HOEPFL Johannes 68.6
11. TAIT Rakai 65.4
12. BOWMAN Joshua 62.2
13. KIM Ho-jun 61.8
14. LIVINGSTON Derek 60.6
15. STANTE Tit 59.4
16. ANDO Naito 58.8
17. JACOBSON Nathan 58.2
18. KILNER Ben 55.4
19. KRALJ KOS Max 54
20. PETTIT Robert 53.2
21. LEE Min-Sik 47.2
22. BLACKWELL Chase 47
23. BROWNRIGG Dru 45.8
24. FERGUSON Ben 38.6
25. THELEN Axel 36
26. RINNEKANGAS Rene 35.2
27. TARASOV Sergey 14.8

女子ハーフパイプリザルト:
1. CLARK Kelly 93.8
2. KIM Chloe 87.4
3. MASTRO Maddie 83.2
4. MATSUMOTO Haruna 76.6
5. HIGHT Elena 74.2
6. TETER Hannah 69.2
7. KALAPOS Zoe 64.6
8. TSUYUKI Katie 51.2
9. CASTELLET Queralt 48.6
10. KWON Sunoo 44.4
11. VERDNIK Kaja 42.6
12. DRAMISE Jenna 42.4
13. IRWIN Calynn 40.8
14. KRALJ Eva 40.4
15. JEONG Yu-rim 36.4
16. MERSON Hannah 35.2
17. SPITERI Jenise 33
18. CAIRNS Adriane 31.8
19. JOHNSON Mckinzie 29.4
20. INOUYE Autumn 26
21. HALONEN Anni 25.4
22. BARRETT Madison Taylor 24.6

男子スロープスタイルリザルト:
1. DAVIS Brandon 97.0
2. WILLETT Eric 92.5
3. GULDEMOND Charles 91.0
4. EBERHARDT Max 85.5
5. STASSEL Ryan 83.75
6. HUNT Chandler 75.0
7. BADEN Nikolas 67.0
8. CORNING Chris 59.5
9. BEAUCHEMIN Eric 55.25
10. TISCHENDORF Fridtjof 19.75
−−−−−−−−
14. GERARD Redmond 65.75
16. GOUWELOOS Craig 63.25
17. MACK Kyle 60.25
26. INAMURA Keita 46.0

女子スロープスタイルリザルト:
1. GYARMATI Anna 82.75
2. JENSON Jessika 78.5
3. SHORR Karly 75
4. LANGLAND Hailey 67
5. MATTINGLEY Hailee 66.5
6. KOTSENBURG Kirra 63.75
7. ANDREWSHENKO Gillian 60.25
8. WALKER Ty 53.25
9. MULLINS Mahalah 53
10. PRIBOSIC Urska 51
11. HIRONO Asami 49.75
12. ONEILL Julianne 44.25
13. HEALEY Nora 42.75
14. MITTERMUELLER Silvia 41.75
15. SHAW Serena 30.25
16. DENENA Samm 22.5
17. CASTELLET Queralt 15.75
18. SATO Natsuki 13.75



Mammoth Mountain Grand Prix
http://ussnowboarding.com/events/grand-prix-mammoth-mountain-snowboarding

FIS SNOWBOARD WORLD CUP
https://www.facebook.com/fissnowboard/timeline?ref=page_internal

(via: 時事通信, 共同通信)

【関連記事】