20160121-00349685-clicccarz-000-view

東京にも降りましたね、まとまった雪が。ところで東京など普段はほどんど雪の積もらない場所でクルマを持っている皆さんは、冬の間はどんなタイヤを履いていますか? 備えとしてスタッドレスタイヤを履いている人は意外に少ないみたいですね。
とはいえ、積雪した道をノーマルタイヤで走るのは厳禁。東京の人は意外と知らないみたいですが、実は雪って滑るんですよ。無理をしてはいけません。路面が真っ白になるくらい雪が積もったら、ノーマルタイヤで走るのは滑って危険すぎます。坂道が登れなくて立ち往生する前に、そして何より事故を起こす前にやめましょう。
きっと先日も突然の雪に困った人もいるでしょう。

スキーやスノボに出かけるなら思い切って冬の路面でも安心して走れるスタッドレスタイヤを買ってもいいのですが、東京を走るだけだとコストパフォーマンス的に厳しいのも確か。ひと冬に何度使うかわからないのに、数万円の出費ですからちょっと考えてしまうのもわかります。

それから履き替えや保管も面倒。都市部でマンション暮らしだったりすると、クルマから外したタイヤをどこに置こうか悩ましいし。最近はタイヤ販売店で保管サービスなどもあるけれど、やっぱりお金がかかりますしね。

実際のところ「雪が降ってもクルマを使わないといけない時もある。とはいえスタッドレスを買うほどでも……」という人が多いんじゃないですかね東京などには。でもノーマルタイヤを履きっぱなしだと雪が降ったらクルマを使えなくてやっぱり困ったりして。

実は、そんな人にうってつけのタイヤが存在するのです。

それがオールシーズンタイヤ。ノーマルタイヤと違って雪の上をしっかり走れる性能を持ったうえで、スタッドレスタイヤとは違ってドライ路面でもしっかりと走れる欲張りなタイヤです。つまり、一年中履きっぱなしのまま雪道も夏も不安なく走れるタイヤなのですよ。

たとえばアメリカ最大のタイヤメーカーであるグッドイヤー社の「Vector 4Seasons(ベクター・フォー・シーズンズ)」。

雪道から舗装路まで安心して走れる秘密は、温度が低い環境でもグリップ低下の原因となる硬化を抑えつつ夏もしっかりと踏ん張るゴムを実現する専用設計のコンパウンド構造や雪が詰まりにくいトレッドデザインなど。
開発したのは欧州グッドイヤーで、欧州のウインタータイヤに求められるスノー&アイス性能(実は欧州の大陸内では山岳部を除きスタッドレスではなくウインタータイヤが冬の主流)を満たすよう作られているのだそうで。それが「雪道はオマケで緊急用」程度に考えられている一般的なオールシーズンタイヤと違い、雪道も安心して走れる理由なのです。

「Vector 4Seasons」は「M+S(マッドアンドスノー)」という規格も取得していて、チェーン規制の高速道路でもスタッドレスタイヤと同様にチェーンを装着せず走ることができるのも安心できる特徴。隣にある山&雪印は「スノーフレーク」と呼ばれ欧州で冬用タイヤとして認証を受けていることの証です。

これならスタッドレスタイヤ購入も、交換も、クルマから外したタイヤの保管も不要。なんと効率が良くて便利。そして出費も少なく済むタイヤなのです。

スタッドレスを履くほどでもないけど、雪道でも安心して走れるタイヤが欲しい。急な雪でもクルマを使いたい。そもそも手間からも金銭的にも一年中同じタイヤを履きたい。そんな非降雪地ユーザーは、次回のタイヤ交換の際に検討してみてはいかがでしょうか?

もちろん、このタイヤはスタッドレスほど冬の路面環境にターゲットを絞っているわけではありません。だから冬になると日常的に氷結するような厳しい路面環境の地域に住んでいる人には氷雪路でもより安心して走れるスタッドレスタイヤをオススメしますけれどね。

clicccar
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160121-00349685-clicccarz-bus_all