群馬県警吾妻署は17日、群馬、長野県境の山で38歳の男性2人が一時遭難し、同日救助されたと明らかにした。いずれも命に別条はない。
吾妻署によると、2人は大学時代の友人。16日に長野県山ノ内町の閉鎖されているスキー場から入り、場外に出てバックカントリースキー中に道に迷った。

17日午前7時50分ごろ、群馬県中之条町の鉢山の東側で群馬県警のヘリコプターが2人を発見し、救助した。

産経ニュース
http://www.sankei.com/affairs/news/160117/afr1601170020-n1.html