鬼塚雅

株式会社サマンサタバサジャパンリミテッドは15日、プロスノーボーダー鬼塚雅とサポート契約を締結した事を発表した。
鬼塚は、まだ記憶にも新しい2015年のスノーボード世界選手権に女子スロープスタイル日本代表として出場し、大会で男女を通じて史上最年少優勝を飾った。同社は感動接客創造企業として、世界中の人々から愛される「日本発世界ブランド」を目指しており、同じく世界の舞台で挑戦している鬼塚の人間性・熱意に共感し、ウェア以外のアパレルブランド商品でサポート契約したとのこと。

鬼塚は同社を通じて「初めまして、鬼塚 雅です。私は5年前に海外の大会に出場してから現在まで世界中の大会をまわって挑戦を続けています。昨年オーストリアで開催された世界選手権で優勝し、冬季世界選手権で16歳3カ月という歴代最年少世界チャンピオンになることが出来ました。そして今年は2年後の韓国平昌五輪に向けて、新たなステップを踏み出しました。サマンサタバサさんには、私の世界に挑戦する姿や想いに共感して頂き、本当に嬉しく、感謝しています。今後ともサマンサタバサと鬼塚 雅の応援を宜しくお願いします!」とのコメント。

鬼塚は18日よりスイスのラークスで開催される「LAAX OPEN 2016」に参戦予定。

鬼塚雅2



【関連記事】