長野県と福島県のスキー場で、コースの外を滑っていた外国人合わせて12人が一時、遭難しましたが、いずれも無事、救助されました。
このうち、長野県野沢温泉村のスキー場では12日、フィンランド人とみられる男性スキーヤー6人がコースの外を滑っているうち動けなくなったと仲間を通じて警察に通報がありました。13日午前7時半ごろ、警察のヘリコプターが現場に到着して6人全員を救助しました。

野沢温泉村では条例で、コース外の遭難については救助費用を遭難者に求めることを決めています。

また、福島県北塩原村では12日午後4時半ごろ、オーストラリア人の男女6人が遭難して仲間にメールで救助を求めていました。6人は13日未明、捜索隊に発見されて山小屋で夜を明かした後、午前7時すぎに無事、下山しました。



【関連記事】