takato
@takato.taniguchi.7

ムービープロジェクト「P-can Factory」を手がけるプロスノーボーダーの谷口尊人が12日、大手アクションカメラのGoPro社と契約した事を自身のSNSで発表した。
元々、GoProのカメラを自分で買って使用して来たのもあり、P-can FactoryのムービーのほとんどがGoProで撮影されているという。今回、YouTube動画の再生回数や、活動内容に高い評価を受け、正式サポートに至ったようだ。

谷口は、GoProカメラを使ってきた理由として「アクションカメラという概念を作り、このカテゴリで革新的な製品をリリースしていたから」と明かし、「使い続けた物で認められる事は本当に嬉しい事です。」と喜んだ。そして「これからも、面白く、楽しく、人に見せたくなるような作品作りが出来るようにしていきます。」と誓った。

P-can Factoryのムービーチャンネルは、37,000強のフォロワーと、年間800万回近く再生される人気を誇っている。今シーズンも人気ムービーシリーズ「竜王シルブプレ」が絶賛公開中。

(via: Goproと正式に契約!! | 谷口尊人ブログ



【関連記事】