新潟県のスキー場で、作業員が雪上車にひかれて死亡しました。
8日午後1時ごろ、魚沼市にある「奥只見丸山スキー場」のゲレンデで、点検作業をしていた落合哲二さん(55)が同僚の男性が乗る雪上車にひかれて死亡しました。

落合さんは足が悪く、雪上車から降りた落合さんに同僚が「松葉杖」を渡そうとしたところ、誤って運転レバーに触れ、雪上車が動き出したということです。

警察は当時の状況をさらに詳しく調べています。

(補足)奥只見丸山スキー場の初滑りシーズン営業は1月3日(日)で終了。春スキーシーズンは3月下旬ごろからを予定している。