20160108-00050016-yom-000-3-view

外国人スキーヤーに人気の長野県白馬村の飲食店不足を補おうと、夕食時間帯に近隣の同県大町市や小谷(おたり)村、新潟県糸魚川市の中心街とを結ぶシャトルバスの運行が始まった。
宿の外での夕食を好む外国人客のニーズを満たして魅力を高め、周辺自治体への経済波及効果も狙っている。

長野五輪の会場にもなった白馬村には「白馬八方尾根スキー場」など五つのスキー場がある。オーストラリアを中心に外国人スキー客が年々増加し、2014年は7万7724人が訪れた。村には300軒以上の宿泊施設があるが、特に欧米の旅行客は宿の外での夕食を好み、繁忙期は宿泊施設以外の飲食店約30軒が予約で埋まり「夕食難民」が出るケースが目立っていた。

20160108-00050016-yom-001-3-view



読売新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160108-00050016-yom-soci