北日本では今シーズン一番の強い寒気が流れ込み、荒れた天気になりました。
(中略)

北日本には今季最強の寒気が流れ込んで来ていて、日本海側を中心に荒れた天気となった。秋田では昼前には気温が氷点下となり、その後本格的な雪となった。午後2時には今季一番の雪が積もりようやく8センチとなった。

おとといのクリスマスイブは最高気温8.5度と52年ぶりの暖かさだった札幌。昨日から寒くなりいっきに積もった。(中略)札幌の真冬日は今シーズン初で、観測史上最も遅い。

昨日から断続的に雪が降っている青森。平年この時期の積雪は30センチ近い。今日はようやく10センチを超えた。少しずつ青森の冬景色に近づいている。

(中略)

今年も残りあとわずか。気になるのは年末年始の天気だが、、、気象予報士・太田景子「年末年始は全国的に、今年の暖冬を象徴するような天気となりそうなんです。というのも今年の寒気は長期滞在型にはなりにくいのが特徴です。(中略)寒気のピークは明日なんですが、この状態も長くは続かず、月曜日の朝には北へ退く予想です。その先はしばらく悪天候をもたらすレベルの寒気は南下して来ない予想で、この為、全国的に穏やかな年越しとなりそうです。」