PGS

スノーボードのワールドカップ(W杯)は12日、イタリアのカレッツァで男女のパラレル大回転第1戦が行われ、女子でソチ五輪銀メダリストの竹内智香は、準々決勝で敗れて5位だった。予選10位の家根谷依里は1回戦敗退で12位。
エステル・レデツカ(チェコ)が4勝目を挙げ、男子はラドスラフ・ヤンコフ(ブルガリア)が初優勝した。

他の日本勢は予選落ちし、男子の斯波正樹は21位、川口晃平40位、女子の佐藤江峰は35位だった。

女子リザルト:
1. LEDECKA Ester
2. JENNY Ladina
3. TUDEGESHEVA Ekaterina
4. ZOGG Julie
5. TAKEUCHI Tomoka

▼竹内智香 予選1本目 on Blue
151212_WC_Carezza_Quali1_Tomoka

FIS W杯 PGS @ Carezza, ITA 2015/12/12竹内智香 予選1本目 on Blue

Posted by Japan Snowboard Team on 2015年12月13日


▼竹内智香 予選2本目 on Red
151212_WC_Carezza_Quali2_Tomoka

FIS W杯 PGS @ Carezza, ITA 2015/12/12竹内智香 予選2本目 on Red

Posted by Japan Snowboard Team on 2015年12月13日


男子リザルト:
1. YANKOV Radoslav
2 . SOBOLEV Andrey
3 . GALMARINI Nevin
4. PROMMEGGER Andreas
5. WILD Vic



(via: 時事通信)