jaja

元プロボーダー、第2の人生はじゃじゃ麺店主

盛岡市出身で元プロスノーボーダーの工藤英昭さん(47)が、同市上田に開業したじゃじゃ麺店「羽琉(はねる)」が注目を集めている。国内外の大会で活躍した経験を糧に「競技仲間との絆を大切にして店を軌道に乗せたい」と意気込む。
◎闘病経て開業「味に自信」

工藤さんは20歳でスノーボードを始め、6年目にプロになった。スラローム競技で海外を含め24勝を上げ、昨年3月に引退した。

工藤英昭
(写真:現役時代の工藤英昭 | Credit: carve

第二の人生は、じゃじゃ麺店を開きたいと考えていた。「海外遠征で自炊していて料理は得意。地元の名物じゃじゃ麺はみそを手作りするほどの好物で、味に自信があった」と話す。

開店準備を始めた昨年夏、原因不明の病気になった。「2日間、生死の境をさまよった。1カ月後に退院したが、うまく歩けず夢を諦めかけた」と振り返る。

回復後、店舗として見つけた一軒家は築55年。草刈りから屋根の補修、リフォームを終えるまで約2カ月かかった。多くの競技仲間たちが支えてくれた。

ことし7月に始めた店では、妻貴子さん(36)と共に、スノーボードインストラクターの女性が手伝う。

「羽琉」は、7歳の長女と3歳になる長男の名前から1字ずつ取った。「現役時代は遠征で子どもと過ごす時間が少なかった。成長を見守りながら、家族と仲間で作った店を大切にしていきたい」と抱負を語る。

営業時間は午前11時〜午後2時半、午後5〜8時。日祝休。連絡先は019(619)0228。

jaja1
(写真:店内にはバートンのロゴ看板とスノーボードが飾られ、Red Bullの自販機も見られる。)

じゃじゃ麺店『じゃじゃめん家 羽琉-はねる-』
〒020-0066
岩手県盛岡市上田4丁目4-4
TEL 019-619-0228
営業時間
11時〜14半時  17時〜20時
定休日:日曜・祝日
https://www.facebook.com/pages/じゃじゃめん家-羽琉/114158758923651



(via: 河北新報