スウェーデンのストックホルムで7日、第11回目を向かえた世界最大級のジブコンテスト「Frontline Rail Jam(フロントライン レール ジャム)」が開催された。
このFrontline Rail Jamは、日本でいう「Burton Rail Days」のような大会で、ストックホルムの街中に特設パークを設置し、スノーボードをやらない一般の人にもスノーボードのイベントを楽しんでもらおうというもの。

railjam

昨年の覇者ジョニー・オコナー(もう一人の同位覇者ザック・アラーは不出場)や、イーサン・モーガン、ヘルガソン兄弟、ボーナスことデニス・レオーンチェフ、マイケル・シャッツ、ニルス・アルビドソンら、ジブのスペシャリスト達が今年も集結した。

結果、優勝したのはトランスファーなどで果敢に攻めたホルダー・ヘルガソン。2位にはノア・ガデリウスと、カレ・ヤルビレートの2人が入った。ベストトリック賞にはイーサン・モーガン、ルネ・リネカンガス、そしてホルダーも選ばれW受賞となった。

尚、日本人ライダーは出場していない。

リザルト:
優勝: Halldor Helgason
2位: Noah Gadelius and Kalle Jarvilehto
ベストトリック ダウンレール賞: Ethan Morgan (Fs blunt pop 360 to fs blunt to fakie)
ベストトリック キンク賞: Rene Rinnekangas (Bs 270, 270 out)
ベストトリック ドロップレール賞: Halldor Helgason (Sw fs 50-50 transfer 360 to sw 50-50 on double kink down)

▼公式ハイライトムービー


▼当日ライブストリーム配信されたリプレイムービー


▼ヘルガソン兄弟は大会前にウォーミングアップ動画を公開していた。


▼優勝したホルダーは大会終了後「くっそ最高だね!また表彰台中毒になりそうだ。皆ありがとう!」と喜びのコメント。


Frontline Rail Jam

出場ライダーリスト:
Eiki Helgason (ISL)
Ethan Morgan (GER)
Guillaume Marquis (CAN)
Wojtek Pawlusiak (PL)
Zebbe Landmark (SWE)
Simon Houlind (DA)
Felix Engstrom (SWE)
Michael Schatz (AUT)
Mats Tambini (NO)
Kareem El Rafie (SWE)
Leo Crawford (SWE)
Jacques-Oliver Emond
Simon Pircher (AUT)
Krivov Kerill (RUS)
Noah Gadelius (SWE)
Zach Soderholm (USA)
Halldor Helgason (ISL)
Johnny O´Connor (USA)
Denis Leontyev (RUS)
Jeppe Rontti (FIN)
Flo Corzelius (Aut)
Jonte Lindhe (SWE)
Nils Arvidson (SWE)
Marvin Salmina (AUT)
Rene Rinnekangas (FIN)
Ludvig Lejkner (SWE)
Joel Ahola (FIN)
Karl Anton Svensson (SWE)
Frank Bourgeois (CAN)
Daniel Melnikov (RUS)
Ludvig Biltoft (SWE)
Stepan Rokos (CZ)
Laurent Duhalde (FR)
Kalle Jarvilehto (FIN)



【関連記事】