公式オリジナル痛板

日本痛板協会(JIBA)より、痛板民による痛板民の為の初のオリジナル痛板が、2016シーズンモデルとして発売された。JIBA公式サイトにて好評販売中。
フリースタイルスキーのモデル「Trickster」は既に完売し、スノーボードのモデル「JET PARK」も残り僅かとなっているので、気になる人は急いでチェックをしよう。

そして今回新たに、スキー・スノーボードに続き、痛スキーポールの製作が決定した。コラボしたのは、老舗スキーポールメーカー「シナノ」。販売されるのはオールラウンドな115cmと、フリースタイルスキーに人気の95cmの2モデル。太さは共にφ18で、素材はアルミ。価格は7500円と、プラスして印刷代を購入者でシェアする形だ。デザインは近日公開予定。購入申し込み締め切りは11月15日までとなっている。

痛スキーポール

また、12月30日に東京ビッグサイトにて開催される「コミックマーケット(通称:コミケ)」に、JIBAが初参加することが決まった。痛板や、スキーポールの実物を見たいという人は、そちらに足を運んでみても良いだろう。当日はシーナと竜子のコスプレROMの販売も行われる予定だ。

詳細や最新情報はJIBAの公式サイト(http://itaita.anime-life.com/)まで。

7jIx7fHa




【関連記事】