seb

キッカーでジャンプするセブ・トゥーツ(Seb Toots)を、友人で同じカナダ代表チームのマックス・パロット(Max Parrot)が追い撮りしていた時の一幕。
トリプルコークを決めようというセブに、すぐ後ろを追いながら撮影していたマックスが空中で大接近!あわや大事故になりかねない事態に。

しかしながら、カメラに「ガンッ!」って衝突しながらも、当人達は何事も無かったかのように無事ランディングへ。

セブは自身のSNSでこの時のことをこう振り返っている。

「もう少しでマックスをやっちまうとこだったよ!二人ともよく無事に生還できたな。#リスクある仕事」


追記:初出時にセブとマックスが入れ代わった誤りがありましたので訂正いたしました。正しくはマックスが追い撮りしています。ご指摘ありがとうございます。






【関連記事】