bigair_athletes

米大リーグ、レッドソックスの関連会社は22日、同球団の本拠地フェンウェイパークにて、来年2月11日と12日にスノーボードW杯ビッグエアー大会を開催すると発表した。
大リーグ本拠地でのスキー・スノーボード大会は史上初となる。バックスクリーンから本塁に向けた特設ジャンプ台を設置し、高さ約43メートルから滑走する。賞金総額は15万ドル(約1800万円)。

bigair

fenway big air

ビッグエアーは、2018年韓国・平昌五輪で採用された新種目。スロープスタイル同様に若者に人気の競技。

ソチ五輪の男子スノーボード スロープスタイルで金メダルを獲得したセージ・コッツェンバーグと、男子スキーで金メダルを獲得したジョス・クリステンセン、そして米国女子スノーボード スロープスタイル代表チームのタイ・ウォーカーが出場予定で、この日のレイズ戦での始球式に参加した。

CPhqqRwWcAA2VpW

CPjDbXfWwAAc1ud

【関連記事】