tri2

ノルウェーのルーキー、フリチョフ・ティッシェンドルフ(Fridtjof Tischendorf)が、バックサイド トリプルコークのランディングに初成功したと、その練習の模様の動画を公開した。
フリチョフは昨シーズン、全ノルウェー選手権のハーフパイプで、テリエ・ハーコンセンらを抑えて見事優勝。また同選手権のスロープスタイルではジュニアの部で準優勝。シーズンラストに行われたVolklのワールド ルーキー ファイナルズのスロープスタイルでも準優勝するなど、ハーフパイプもスロープスタイルも得意とするこれからが楽しみな18歳だ。

そんなフリチョフが、失敗を重ね流血しながらも欲しかった大きな武器「トリプルコーク」をなんとか手に入れることに成功させたようだ。

2016シーズン、大会でトリプルを放つフリチョフの姿を見る日が来るかもしれない。


tri1



【関連記事】