6867055-quiksilver

スノーボードウェアなども手掛けるサーフブランドの「Quiksilver(クイックシルバー)」が、破産を申請したことが明らかになった。破産申請は米国の事業のみの手続きで、ヨーロッパや日本を含むアジアは含まれない。現在は売却先を模索しているとのこと。
大手メディアのブルームバーグによれば、同社は今年に入って時価総額の4分の3超を失っており、既に買い手の見込みがある戦略的な候補者と話し合いに入っている段階。できることなら破産法の適用申請を避け、経営陣主導による企業買収で店舗を維持することを目指していると、関係者の話として伝えている。

今月に入って本社は80人をリストラしたとも言われ、株式は倒産の噂で67%も下落している。

クイックシルバーは、1973年オーストラリアでアラン・グリーンとジョン・ロウによって設立されたサーフブランド。早くからスノーボード用品も手掛け、2002年にはGore-Texを採用した生産ラインを開始。2004年にはDC Shoeを、2005年にはロシニョール買収するなど活発な戦略をみせてきた。現在スノーのチームには、超大物ライダーのトラビス・ライスがいることでも知られる。トラビスは今のところSNSを通してのコメントを発していない。

【追記:2015-9-13】


travis

○Quiksilver公式サイト
http://www.quiksilver.com

○Quiksilver Japan facebook
https://www.facebook.com/quiksilverjapan



【関連記事】
Quiksilver フリースキーヤー キャンディッド・ソーベックスのライディングがヤバすぎると話題に!