cerevo

スマート・スポーツ用品ブランド「XON(エクスオン)」のCerevo社より今度は、以前に発表したBluetooth通信対応バインディング「SNOW-1(スノーワン)」と連携し、自分視点のスノーボード撮影動画に、荷重などのスノーボードの測定データを重ねて表示可能にするアクションカメラ『REC-1(レックワン)』と、同じく「SNOW-1」と連携するBluetooth接続の骨伝導型ワイヤレスヘッドセット『BONE-1(ボーンワン)』を発表した。
snow

発表済みのバインディング「SNOW-1」は、Bluetooth通信モジュールや各種センサーを内蔵し、荷重センサーを片足ずつ4カ所、合計8カ所に搭載。装着したスノーボーダーの荷重の掛け具合や重心位置を計測できるほか、前後2カ所の曲げセンサーでスノーボードの部位別しなりを検知、さらには加速度センサー・ジャイロセンサーによってスノーボードがどんな角度・角速度になっているかを検出ができるというもの。

rec1_wear_500

今回発表されたアクションカメラ『REC-1』は、無線LAN機能を備えたフルHD/60fps対応のアクションスポーツカメラ。REC-1とSNOW-1を装着して滑ることで、スノーボーダー視点で撮影した動画とSNOW-1で測定した滑りのデータを重ね合わせて表示が出来る。スマホでも再生も可能。今まで滑走時に感覚でしか捉えられなかった荷重のかけ方や重心といったデータを、自分視点の映像にオーバーレイして確認することが可能。もちろんIPX4準拠の防水性能も備えている。今冬の発売予定で、価格は299ドル(約35,000円)前後の見込み。日本価格は未定としている。

bone1_pers_500

一方、ワイヤレスヘッドセット『BONE-1』は、耳に入ってくる音を遮らない骨伝導型。SNOW-1のアプリと連携することで、SNOW-1で測定したデータのフィードバックをリアルタイムで音で通知。首かけ型のため、ゴーグルなどを邪魔せず装着できるほか、骨伝導で耳の穴を塞がずに音を伝えることで、周囲の音を確認して滑ることができる。こちらも今冬の発売予定で、価格は169ドル(約20,000円)前後の見込み。日本価格は未定としている。

▼XON App Demo 1


▼XON App Demo 2


○Cerevo 公式サイト
https://www.cerevo.com/ja/
○XON 公式サイト
https://xon.cerevo.com/ja/

【関連記事】